★★★☆☆

念力―超能力を身につける九つの方法(桐山靖雄/徳間書店)※絶版本

投稿日:2017年4月1日 更新日:

  • 呪いの実践教科書
  • かなり古い本
  • 効果は? 推して知るべし
  • おススメ度:★★★☆☆

本棚を漁っていたら、かなり怪しい本が出てきた。なんと1973年初刷で、1987年の第40刷を持っている。前に「呪いの恐怖」という本も紹介したが、何が怖いってこれを信じて実行してた自分が怖い。よくもまあ、カルト宗教とかにハマらなかったものだ。そういう意味では怖い本だ。
これは、阿含宗(Wiki)管長が書いた、ガチで超能力を身に着ける方法のマニュアル本である。曰く、「40年の業病が一年余の行で回復」「麻雀、パチンコすべて必勝」「雑念を払って良縁をもたらす」など、超能力というか、何というかすごく具体的な効果が書いてある。もちろん、当時の私はやってみたに違いない。

結果はどうなったかと?

いま、こういったブログを書いているということは「修業が足りなかった」のだろう。昨日、風邪を引いたし、パチンコも競馬も勝てないし、雑念だらけだ。この本の凄い所は、「実践的」であることで、単なる説教ではなく、印の結び方など、えらい具体的にイラスト入りで書かれている。著者は、予知能力まで身に着けているらしく、ちょっと再読してみたところ、実際に効果がありそうな「気がしてきた」。危ない危ない。

中古本しか手に入らないが、読み物としてもまあまあ面白いし、これで本当に超能力が身についたら安い買い物だ。私も超能力を使って楽して生きたい。しかし、巻末の方にクライマックスである「食生活」に気を付けろという部分が登場する。しかも、ご丁寧に「せめて酒とタバコを半分に減らし、肉食は週1、2回にし、なるべく植物性の蛋白質をとることを心掛けろとある」などと、ナイスアドバイスなのだ。ただ、それは超能力というより健康法じゃないかと思うのだが、どうだろうか?
いま、考えているのは、この本が欲しい人がいたらいくらで売ったらいいのかというようなことだ。うーむ。

(きうら)



-★★★☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

さらに悩ましい国語辞典(神永曉/時事通信社)~内容の簡単な紹介と「真逆」への所感

言葉の用法の悩ましさ。 揺れ動く日本語の意味。 本の紹介というより、私のとある言葉への違和感。 おススメ度:★★★☆☆ 今回は紹介というより、この書物をパラパラとめくってみて(改めて)考えた、普段から …

KAPPA (柴田哲孝/徳間文庫) ~あらすじと感想、軽いネタバレ

沼で人が喰い殺された謎を追うルポライター ホラーでもなく、ミステリでもない、サスペンス系 割と明るい雰囲気の気楽な娯楽小説 おススメ度:★★★☆☆ かなり前に「TENGU」という小説を取り上げたが、そ …

玩具修理者(小林泰三/角川文庫)~あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想

「何でも」修理する謎の男が「あるもの」を治す恐怖を描く スプラッター的要素もあるが精神的に揺さぶられる 表題作は短編、他に中編「酔歩する男」も収録 おススメ度:★★★☆☆ 第2回日本ホラー小説大賞の短 …

踊る男 (赤川次郎/角川文庫) ~あらましと感想

33篇のショートショートミステリ アイロニーとユーモアに溢れる 一番古い話は1979年に朝日新聞に掲載 おススメ度:★★★☆☆ 軽く洒脱な文章で名を成した赤川次郎による、さらに軽さを増したショートショ …

巡査長 真行寺弘道(榎本憲男/中公文庫)

伝統的なはみだし刑事もの警察小説 登場するギミックが新しいところで差別化 テーマは分かるけどスッキリしない おススメ度:★★★☆☆ タイトルだけ読んで買ったので、てっきり昔ながらの「足で情報を稼いで状 …

アーカイブ