3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

★★★☆☆

念力―超能力を身につける九つの方法(桐山靖雄/徳間書店)※絶版本

投稿日:2017年4月1日 更新日:

  • 呪いの実践教科書
  • かなり古い本
  • 効果は? 推して知るべし
  • おススメ度:★★★☆☆

本棚を漁っていたら、かなり怪しい本が出てきた。なんと1973年初刷で、1987年の第40刷を持っている。前に「呪いの恐怖」という本も紹介したが、何が怖いってこれを信じて実行してた自分が怖い。よくもまあ、カルト宗教とかにハマらなかったものだ。そういう意味では怖い本だ。
これは、阿含宗(Wiki)管長が書いた、ガチで超能力を身に着ける方法のマニュアル本である。曰く、「40年の業病が一年余の行で回復」「麻雀、パチンコすべて必勝」「雑念を払って良縁をもたらす」など、超能力というか、何というかすごく具体的な効果が書いてある。もちろん、当時の私はやってみたに違いない。

結果はどうなったかと?

いま、こういったブログを書いているということは「修業が足りなかった」のだろう。昨日、風邪を引いたし、パチンコも競馬も勝てないし、雑念だらけだ。この本の凄い所は、「実践的」であることで、単なる説教ではなく、印の結び方など、えらい具体的にイラスト入りで書かれている。著者は、予知能力まで身に着けているらしく、ちょっと再読してみたところ、実際に効果がありそうな「気がしてきた」。危ない危ない。

中古本しか手に入らないが、読み物としてもまあまあ面白いし、これで本当に超能力が身についたら安い買い物だ。私も超能力を使って楽して生きたい。しかし、巻末の方にクライマックスである「食生活」に気を付けろという部分が登場する。しかも、ご丁寧に「せめて酒とタバコを半分に減らし、肉食は週1、2回にし、なるべく植物性の蛋白質をとることを心掛けろとある」などと、ナイスアドバイスなのだ。ただ、それは超能力というより健康法じゃないかと思うのだが、どうだろうか?
いま、考えているのは、この本が欲しい人がいたらいくらで売ったらいいのかというようなことだ。うーむ。

(きうら)



-★★★☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

湖上の回廊(森水陽一郎/Kindle版)

不気味な色調で始まる謎の多い物語 ミステリ調で始まるが、幻想私小説風に変化する まあ、何というかスッキリしない おススメ度:★★★☆☆ この本、出だしは素晴らしく怪奇的に始まるのである。何しろ主人公の …

最近読み終えた作品(2018年4月) ~黄色い雨/戦う操縦士

黄色い雨(フリオ・リャマサーレス、木村榮一〔訳)/河出文庫) 戦う操縦士(サン=テグジュペリ、鈴木雅生〔訳〕/光文社古典新訳文庫) 最近読んだ海外文学の感想です。 朽ちていく村と運命を共にする「私」( …

リアル王様ゲーム~女子高生.com (しろいちじく/竹書房文庫) ~ややネタバレ気味

「真面目な」サスペンスミステリ 時代を感じる設定(2010年) 面白いような、恥ずかしいような…… おススメ度:★★★☆☆ なんか、ゴメン……基本的に読む本を選ぶときは、内容はあまり確認せず、タイトル …

実話怪事記 穢れ家(真白圭/竹書房文庫)

毎度おなじみ伝聞調の現代怪談集 どこかユーモアを感じる作風 破綻しているような気もする話もあるが至極真っ当に楽しく読める おススメ度:★★★☆☆(このタイプの怪談集が好きなら★+0.5) 本の紹介には …

ハラサキ(野城亮/角川ホラー文庫)

記憶を一部欠落した女性。 迷い込んだ異空間で起こるおそろしい出来事。 ミステリーの要素もあります。 おススメ度:★★★☆☆ 以前旧サイトの、「勝手に新刊予想」というコーナーにて紹介された本を読んでみま …

アーカイブ