3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

★★★☆☆

海の底(有川浩/角川文庫)~あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想

投稿日:2017年3月25日 更新日:

  • SFパニックエンターテイメント小説
  • 男の友情、というかそっち系
  • 残酷描写あり。軽い読書向き。
  • おススメ度:★★★☆☆

今回はSFで現代を舞台にしたモンスター・パニック系の小説を紹介。随分有名なので、ご存知の方も多いかも知れない。私も「面白い」と評判だったので、読んでみたが、どっちかというとラノベ系のノリだ。オランダが誇る「変態紳士」ことポール・バーホーベン監督の「スターシップ・トゥルーパーズ(Ama)」的「人体ぶった切りエンターテイメント」を期待して読んだが、メインはそこではなかった。

(あらすじ)4月に米軍横須賀基地で行われた「桜祭り」。そこに停泊していた自衛隊潜水艦「きりしお」の隊員は、海から謎の巨大甲殻類の大群が襲ってきた様子を目撃する。しかも、人を襲って食べている。子供を助けた自衛隊員は潜水艦に立てこもるが……という感じでスタート。

上記の通りメインテーマは、笑ってしまうほどの「スプラッター描写」というより、男二人の友情というか、ホモ的愛情というか、そういうのを感じる内容で、非常にライト。バーホーベン監督のように吹っ切れたアホ的描写は少なく、結構シリアスな展開になったりする。それも意外だった。

ライト=読みやすいということで、期待するところを間違えなければ、いい小説かもしれないが、私にはいまいちピンと来なかった。やっぱり黙って「ロボコップ(Ama)」でも観ている方がいい。でも、間違っても悪い小説ではないので、ゴジラのような怪獣パニックものを好きな方なら全然(誤用だが)イケル内容だ。

好きなので脱線するが、バーホーベン監督は「ロボコップ」や「スターシップトゥルーパーズ」以外にも「トータル・リコール」や「インビジブル」、「グレート・ウォリアーズ/欲望の剣」などでも有名だ(アフェリエイトを貼るのが面倒なので検索してください)。特に「氷の微笑」で、アメリカの「最低」映画を決めるラズベリー賞を7部門受賞した時、本人自身が満面の笑みで授賞式に出席したエピソードが大好きだ。自分の作品を馬鹿にされて喜んでいるオランダの変態。しかも、面白くない映画を無理やり撮ったことを自覚している男。いや真の漢だ。苦手な方も多いと思うが、バーホーベン監督の映画は、バカと暴力とエロと男のロマンに満ち溢れている。古い映画だが、ぜひ、オリジナルのロボコップから入門して欲しい。あのラストは絶対に惚れるはずだ。カッコ良すぎ。また、スターシップトゥルーパーズは別枠で紹介したい。

どちらかというと、別の作品のレビューになったが、とにかく、ラノベ的変化に富んだ内容なので、上記の内容が気になったら、一度読んで見られるといいと思う。


海の底 [ 有川浩 ]


-★★★☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

私のクラスの生徒が、一晩で24人死にました。(日向奈くらら/角川ホラー文庫)~あらすじと後半ネタバレ気味紹介

タイトル通りの大量殺人(?)の謎を追う 猟奇趣味全開の完全なる現代ホラー 一読は面白いが、すごく惜しい。 おススメ度:★★★☆☆ あんまりと言えばあんまりなタイトルだが、中身もそのまんまである。物語的 …

穴の町(ショーン・プレスコット、北田絵里子〔訳〕/早川書房)

「カフカ、カルヴィーノ、安部公房の系譜を継ぐ」物語? 消えゆく町のことを本にしようとする「ぼく」 町が消えることは町に関することがすべて消え去ること おススメ度:★★★☆☆ 【はじめに】 オーストラリ …

『ゆるキャン△』と「日常感」(2)<後篇>

   前回【『ゆるキャン△』と「日常感」(1)】のつづきです。 今回もとりとめのない会話です。 「日常感」の説明と、それを感じさせるアニメについてダラダラと話されます。 おススメ度:★★★☆☆ (編者 …

スイート・リトル・ベイビー(牧野修/角川ホラー文庫) ~完全ネタバレあり

児童虐待がテーマのホラー Jホラーのお手本のようで読ませる ただし、オチが破綻してる おススメ度:★★★☆☆ まずこれは極め付けの悪書。読んでおいて何だが、高校生以下には読ませたく無い。テーマの児童虐 …

なまづま(堀井拓馬/角川ホラー文庫) ~あらすじと感想、軽いネタバレ

ヌメリヒトモドキという人に似た架空生物を扱うややSF要素のあるホラー 研究者の手記という形で、妻へのゆがんだ愛をテーマに、ひたすら湿度の高い文章が続く 表紙そのままの内容。気持ち悪いと思った人には内容 …

アーカイブ