★★★★☆

マークスの山(高村薫/新潮文庫) ~あらましと感想

投稿日:2017年7月8日 更新日:

  • 謎の殺人者マークスを追うミステリ
  • 硬質な文体と警察小説の側面
  • なかなかの読み応え、オチはまあ納得
  • おススメ度:★★★★☆

山というものは、ある種の人間にとって非常に魅力的に感じるものだ。私は登山家ではないのだが、郷里が山里のため、町の中のどこにいてもぐるり360度全てに山が見える。実家の窓から西を見れば、空は3割位しか見えない。それが当たり前であり、常識であったので、若いとき地元のスーパーのバイトで一緒になった女性が「自分は津(三重県の県庁所在地・海辺の町)で育ったので、空が狭くて圧迫感を覚える。このままいたらおかしくなりそう」と、言われたのが印象的だ。そうか、そういうものかもしれない、と、当時は思った記憶がある。山というものは、そこに住む者にはわからないが、やはり「圧迫感」を伴って迫ってくるもののようだ。

そういった「山」をモチーフにした高村薫の本作。あらすじというか、導入はこんな感じ。幼いころ、犯人はある強烈なトラウマを負い、その後の人生に多大な影響を及ぼす。それは時を経て、連続殺人事件へとつながっていく。その事件とは、南アルプスで発見された白骨死体や、三年後に東京で発生した、アウトローと検事の連続殺人など。都会で暮らすある青年の心の中には、ある種の闇が潜んでいた。主人公である、警視庁捜査一課・合田雄一郎警部補の眼前に立ちふさがる、一見関連のない連続殺人事件の裏にある真相とは?

構成としては、章立てにはなっているが、その中で細かく日付、例えば(昭和51年秋)などと記されていて、事件の真相をほのめかせながら、警察が必死に捜査する様子が描かれる。硬質な文章は上質な警察小説としても成立している。合田雄一郎警部補をはじめ、刑事たちは、小説の中で互いに憎んだり争ったりしながら、事件の真相へと迫っていく。

私自身「警察小説」というジャンルが結構好きだ。その理由ははっきりしていて、私は「真剣に働く男」にかなりの好感を持っているからだ。警察に限らず、コンビニに荷物を下ろす運送業者の人、必死にペンキを塗っている外装職人の方、鋭い営業を繰り返す営業マン、命を削って働く男は例え、はた目からはブザマに見えてもその心根はかっこいい。街で見かけると思わず応援したくなる。

閑話休題。そういった警察小説的側面と、犯人捜しのミステリが融合し、もともと高い筆力で書かれているので、少々読みにくい感じはあるが、十分上質な小説の類に入るだろう。犯人のオチや行動理由には若干の疑問も感じるか、そこまで大きな瑕疵ではない。かなりの長編小説なので、じっくり腰を据えて読まれてはどうだろうか。

(きうら)



マークスの山(上巻) (新潮文庫) [ 高村薫 ]


マークスの山(下巻) (新潮文庫) [ 高村薫 ]

-★★★★☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

レオン 完全版 (リュック・ベッソン監督) ~あらすじと感想

孤独な殺し屋と不幸な少女の純愛ストーリー リュックベッソン奇跡の一本 主演二人の出世作 おススメ度:★★★★☆ 最近、やたらと古い映画が観たくなる。先日は「Shall we ダンス? [DVD]」なん …

死神の棋譜(奥泉光/新潮社)

将棋ミステリ プロ棋士になれなかったものたちの悲哀 ミステリの外見を借りた何か別物のフィクション オモシロ度:★★★★☆ 【はじめに】 この感想文が投稿されてる日は、おそらく11/13でしょう。すなわ …

この世界の片隅に(片淵須直〔監督〕/アニメーション映画)

日常というものを、戦前戦後という地平で連続的に描く 偶有性を帯びて見える「すず」さん 声優から楽しむ「この世界の片隅に」 おススメ度:★★★★☆ ようやく観ました、『この世界の片隅に』を。私はミーハー …

増補-死者の救済史(池上良正/ちくま学芸文庫)~読書メモ(29)

読書メモ(029) 「苦しむ死者、うかばれない死者」の対処法 「憑依」概念を捉えることの難しさ 個人的興味深さ:★★★★☆ 「供養と憑依の宗教学」という副題。2003年に角川選書より出されたものの増補 …

銀河英雄伝説 1 黎明編 (田中芳樹/創元SF文庫)

壮大な宇宙戦争をタクティカルに描く著者の代表作 多数のキャラクターが縦横無尽に活躍する ヘビーライトノベルとでも言うべき重厚さと読みやすさと少年の心をくすぐる設定 おススメ度:★★★★☆ 時々、無性に …

アーカイブ