★★★☆☆

神鳥―イビス(篠田節子/集英社)

投稿日:2016年12月17日 更新日:

  • 「発狂する謎の絵」「過去の惨劇」などの魅力的な設定
  • 個性的なキャラクター造形。好みが分かれる。
  • オチは賛否両論。文章は読みやすい。
  • おススメ度:★★★☆☆

本作品の大筋は、古典的な怨念モノのプロットを辿る。しかし、設定が魅力的だ。「変死した女流画家が書いた絵の謎」「その謎を追った人間はことごとく発狂」「村人が消えた村」「過去の惨劇」と、まさにこの手の小説好きのツボを突く内容。謎解きがされる後半まで、ワクワクして読み進めた。

一方、キャラクターの造形は非常に個性的だ。何しろ主役の二人が、32歳の美少年専門イラストレーターと、禿げ気味で太ったエロ&バイオレンスを得意とする流行作家という設定。作者は、この辺に強いこだわりがあるのだろうか。ユニークすぎて共感はできないが、とにかく「ありきたりでない」という点は評価したい。

個人的な難点は、作者の恋愛観が生々しすぎること。男性側から見ると、女性の身も蓋もない述懐はちょっと辛いものがある。リアルはリアルだが、男性はどこかで女性というものを理想化している部分があるので、もう少し美しく書いてあげて欲しい。

物語の肝であるネタには、賛否両論があるかもしれないが、サスペンスはミステリーと違い、種明かしまでの過程が楽しいもの。そういう意味では十分楽しめる作品だ。文章の読みやすさも大きなプラス点。とにかく最後まで楽しませようというパワーは感じた。

(きうら)


神鳥(イビス)【電子書籍】[ 篠田節子 ]


-★★★☆☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

夜までに帰宅(二宮敦人/角川ホラー文庫)~あらすじと感想、中程度のネタバレ

やや近未来の高校生たちが遭遇する「夜」の恐怖 興味深い設定だが、詰めが甘い気がする 読みやすい&ラストがなかなか おススメ度:★★★☆☆ (あらすじ)少し先の未来、第3次オイルショックがきっかけで夜間 …

深い河 (遠藤周作/講談社文庫)

インドで人生の意味を問う群像劇 深い……のかどうなのか、私にはわからない 基督教への分かりやすい考察 おススメ度:★★★☆☆ (あらすじ)妻をがんで亡くした男、基督教徒の男を弄んだ女、ビルマの戦場で地 …

オペラ座の怪人(ガストン・ルルー、平岡敦〔訳〕/光文社古典新訳文庫)

リのオペラ座を舞台にした憎しみと愛の劇 怪人の境遇に同情できるか 恐怖譚の中にひそむ滑稽さ おススメ度:★★★☆☆ 【簡単なあらすじ】 オペラ座に怪人(ファントム)が出没するという目撃情報が流れだした …

ゾンビ・パラサイト(小澤祥司/岩波科学ライブラリー) ~あらましと軽いネタバレ

「ホスト(=寄生先の生物)を操る寄生生物たち」について。 ゾンビというタイトルだが、生ける屍のことではない。 特に怖がる要素はない。 おススメ度:★★★☆☆ タイトルに「ゾンビ」とあるので、なんか物騒 …

ケレスの龍(椎名誠/角川書店) 〜あらましと軽いネタバレ、武装島田倉庫との比較

崩壊後の世界での奇妙な冒険 「武装島田倉庫」がベースだが大幅に明るい 著者が楽しく異世界を「旅行」している おススメ度:★★★☆☆ (あらまし)北と南の戦争が終わってかなり経ち、経済や文化もだいぶ復興 …

アーカイブ