★★★★☆

犯人に告ぐ(雫井脩介/二葉文庫)

投稿日:2017年3月27日 更新日:

  • 劇場型犯罪を追う警察小説の傑作
  • 多少のけれん味はあるが緊迫した展開
  • 真に迫るラスト。読ませる。
  • おススメ度;★★★★☆

これも映画化もされているようなので、有名な作品だ。いわゆる「劇場型犯罪(Wiki)をテーマにした緊迫のサスペンス小説。少々力みすぎとも思うが、一気に読ませる力がある。
(あらすじ)「犯人よ、今夜は震えて眠れ」と告げる警察官。連続児童殺人事件の姿見えぬ犯人に、警察はテレビ局と手を組んだ。史上初の劇場型捜査が始まる。やがて、警察の思惑を超えて、それは一種の犯罪ショーに発展してくが……という筋書き。

主人公の巻島史彦は捜査責任者として奔走する。時には上部に、ときにはマスコミの批判にさらされながら孤軍奮闘する。まず、その熱い姿に感動する。そして、諦めずに徐々に真相に迫っていく緊迫感。なかなか良くできた小説だ。

後半、少々派手になり過ぎる感もあるが、単なるエンターテイメント小説としての域を超えて、楽しめるいわゆる「警察小説」となっている。児童殺人がテーマになっているが、それほど恐怖をあおるものではなく、むしろ警察内部の緊迫したやり取りを楽しむ小説だ。怖いというより、面白い、それが率直な印象だ。
一言でいえば、プロが書いたプロらしい警察小説。読んで損はないと思う。こういうジャンルに興味がある方はぜひ、読んでみてはどうだろうか。ケレンミもたっぷりなので、そう言うのが嫌いな人は苦手かも知れない。私は少なくとも面白かった。

それにしても、テレビのニュースを見れば、毎日殺人や誘拐のニュースが報道されている。そんな場当たり的に報道せせず、いっそグラフにして、マップ上にマークを置いて、いつでも調べられるようにした方がいんじゃないかと思う。怖い世の中だ。平和な日本だが、皆様も決して気を抜かないようにお気をつけあれ。

(きうら)


(楽天)


-★★★★☆
-, ,

執筆者:

関連記事

見えるもの見えざるもの(E・F・ベンスン、山田蘭〔訳〕/ナイトランド叢書)

科学者(や学者然とした者たち)の分析がおもしろい 降霊会や、幽霊や、雪男(怪物)や、吸血鬼など様々な題材 死ぬことがそれほど怖くないと錯覚できるホラー おススメ度:★★★★☆ この前『塔の中の部屋』を …

ムーたち(2)(榎本俊二/講談社)

ムー夫の哲学的な疑問。 「サード自分」を発見したムー夫。 「規理野君」の行きつく先。 おススメ度:★★★★☆ 『ムーたち』1巻の続きである2巻では、ムー夫が「セカンド自分」を駆使して自分なりの発見をす …

日常(あらゐけいいち/角川コミックス・エース)

生粋のギャグ漫画 アニメも原作を丁寧に映像化 ギャグにかける心意気がいい おススメ度:★★★★☆ アイキャッチからも分かるように、非常にかわいい絵柄。その絵から想像されるような萌え要素は無いとは言わな …

影との戦い―ゲド戦記〈1〉(アーシュラ・K. ル=グウィン [著]、清水真砂子[訳]/ 岩波少年文庫他)~あらすじと感想、中程度のネタバレ

魔法使いを目指す少年ゲドの冒険記 普遍的な戦いを経て成長する少年の物語 読みやすい訳。根源的恐怖。傑作ファンタジー おススメ度:★★★★☆(ファンタジーとしては★★★★★) 昨日、小学生の娘にゲド戦記 …

方丈記 現代語訳付き (鴨 長明(著)簗瀬一雄(訳) /角川ソフィア文庫)

読んで心地よい不朽の名文 素敵な世捨人ライフ 無常感というよりむしろエネルギッシュ おススメ度:★★★★☆ 【ご挨拶】 今年最後の更新がなぜか古典。まあ、世知辛い世の中、一年の締めにはふさわしいとも思 …

アーカイブ