★★★☆☆

悪の教典(貴志祐介/文藝春秋)~あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想

投稿日:2017年3月29日 更新日:

  • 人気者教師のとんでもない素顔を描く学園ホラー・ミステリ
  • 残酷描写はかなり多め。
  • 終盤はあの小説にそっくり。
  • おススメ度:★★★☆☆

このブログでも何度も取り上げている貴志祐介氏の作品。発表当年は「このミス一位」「週刊文春一位」など華々しい評価を受けた作品で、映画化もされ、非常に有名だと思う。
しかし、はっきり言うとこれは作者の最良の作品ではない。もっとひどいことを言わせてもらえば凡作だ。「黒い家」や「クリムゾンの迷宮」、「新世界より」の方が明らかに優れている。

(あらすじ)高校の英語教師である蓮実聖司(生徒間での通称はハスミン)は、イケメンで頭脳明晰、生徒を初め、学校中の人気者。しかし、その素顔は凄まじい残虐性、というか、相手の痛みを感じないいわゆるサイコパスだった……という筋書き。長い話だが、特に後半は血みどろの展開が連発する。それまでもかなり陰湿でキモイ描写が多い。

著者は個人的に大好きだが、この話を「無理して書いているな」「心がこもってないな」という印象を受けた。読者に受けるための要素を一生懸命に調査し、それを作品として仕上げた。それは商業的に成功した。プロがプロの仕事をし、正当に評価されたと言ってもいい。でも、である。貴志祐介はこんな程度ではないはずなのだ。これでは、そこら辺の凡百作家と変わらない。しかも、自ら苦手とする恋愛やエロ、若者要素を取り込んでいる。

違う見方をすると、敢えて苦手なジャンルに踏み込んで、作家としての幅を広げようとしているようにも見える。そのあと「新世界より」を発表し、それは傑作だと思うので、この試みは必要だと思う。コアな話で申し訳ないが、私が好きなスピッツが、POP路線を脱却してロック路線を取り入れるために「隼(Ama)」というアルバムを作ったのと同様に、一度、自分を壊して見たかったのかも知れない。
内容は上記の通りで、簡単に言えば、イケメン教師が殺人しまくるだけの内容だ。後半はまんま「あの小説(ネタバレ)」と同じような雰囲気になる。あまり積極的におススメはしないが、そこはプロ作家。払った値段分くらいは楽しませてくれる作品でもある。

ちなみに作者には「雀蜂」というさらにどうしようもない超駄作がある。コンスタントに良作を送り続けるのは、作者ほどの天才でも難しいのだろう。「雀蜂」はまた後日紹介してみます。

(きうら)


(楽天)


-★★★☆☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

生ける屍(ピーター・ディキンスン[著]・神鳥統夫[訳]/ちくま文庫) ~印象と感想

ある島(国家)で行われる実験と、それに携わる男の行末。 ミステリーの要素が付け加わっている、社会派小説のよう。 紹介文というより、印象と感想を。 おススメ度:★★★☆☆ 私は、ディキンスンの作品は一度 …

K・Nの悲劇(高野和明/講談社) ~あらすじと感想、ネタバレもあり

妊娠・中絶をテーマに壮絶な夫婦の戦いを描く 最初を抜ければ、一気に読み通せる通読性 ただ、傑作に至るには今一歩何かが必要だ おススメ度:★★★☆☆ 随分長くかかってしまったが、この度の本屋の「店員さん …

荒神(宮部みゆき/朝日新聞社) ~あらすじとおススメ度 ※大きなネタバレなし

元禄時代に現れた怪獣と人々の戦いが真面目に描かれる 登場人物は多いが、丁寧な描写。残酷表現もあり 感想は「ギャーかいじゅうぅ!」に尽きる おススメ度:★★★☆☆ 本の帯に書かれていた文句は「東北小藩の …

六番目の小夜子(恩田陸/新潮文庫)

ファンタジー要素のある青春小説 類型的なキャラクター設定だが展開が早くて上手い 読みやすい文体で内容と併せ軽い読書向き おススメ度:★★★☆☆ 恩田陸のデビュー作となる「六番目の小夜子」は、ジャンルと …

「待つ」ということ(鷲田清一/角川選書)

「待つ」ことの臨床哲学的考察 「待つ」ということは、なにもしないことなのか 本書の紹介ではなく、個人的な考えを断章的に書きます おススメ度:★★★☆☆ 【はじめに】 「待つ」ということはいったいどうい …

アーカイブ