★★★★☆

2666(ロベルト・ボラーニョ/白水社)

投稿日:2017年4月30日 更新日:

  • 850ページを超える分量。しかも二段組。
  • 謎の作家をめぐる、重層的なストーリー。
  • 読書に辛抱強い人向けの本。
  • おススメ度:★★★★☆

(はじめに)チリ出身の作家ロベルト・ボラーニョの遺作である本書は、最高傑作という触れ込みのようですが、この作家の著作をはじめて読んだ私でも、なるほどその通りだろうと、思わせるものがありました。

(あらすじ)謎のドイツ人作家アルチンボルディをめぐる長大な物語。謎といっても、その存在が疑われているわけではなく、ノーベル文学賞候補にもあがっているほどの人物で、ただなかなか一般に姿を現さないだけ。第一部はまず、このアルチンボルディを研究する四人の男女が出会い、彼らがアルチンボルディの存在を追って、メキシコへと向かうまでがえがかれます。四人をめぐって叙述される恋愛と友情のストーリーだけでも、一冊の長編が書けるくらいです。

物語は、メキシコ人哲学者に関する部へと移り、その後アメリカからボクシングの取材に来た黒人記者が、その哲学者の娘と出会い、アメリカへと向かうところへとつながっていきます。ここでは、人物紹介と、メキシコで起こっている、あるおそろしい事件の一幕が、示唆されています。

そして、次こそが本作で一番問題を含んでいて、異質な存在感を放っている「犯罪の部」です。メキシコ北部にある架空の都市サンタテレサで起こった、連続殺人事件の記述がなされます。被害者は何処に住む何という名前の女性で、彼女らは、いつ、どこで、どのように強姦され殺害され遺棄されたかが、犯罪記録のように延々と克明に描写されるのです。また、それらの事件に関わる捜査官や警官や様々な人物が登場し、この「犯罪の部」だけで250ページを超え、正直読むのに非常に骨が折れました。ちなみに、サンタテレサのモデルになった実在の都市があり、そこでも同様の殺人事件が多発していたそうです。

最後の章で、いよいよアルチンボルディの正体と、彼がなぜメキシコに来たのかの理由が明かされます。本書の後半は、ほとんどが彼に関しての生い立ちから、出会った人達との関連事に費やされるのですが、この本を挫折せず読んできて本当によかったと、心から思いました。「犯罪の部」における読書の停滞が嘘のように、一気に読み進むほどの感動がありました。なるほど、これほどの分量になるのも仕方ないと思いました。一人の文学者(単なる文学者ではなく、大戦とその後を生きた証人)の生涯を、世界を未だに覆う暴力や悪などをからめて、ひとつの書物(これも作品のキーワード)にしようとしたら、 これでも足りないのではと思えるくらいです。ほんま、おそろしい本です。

遠い彼方を目指す旅への一歩や、目的地の見えない旅路のはじまりに似て、本書を手に取った出だしは、あまりの遥かな道のりに気後れしつつ、些少の歩みを繰り返すのみだったのが、道中出会った奇妙な動物の戯れや、奇怪な植物の群生に目を奪われるうちに、旅の流れが次第に身にまといつくように、ページページに散りばめられた人物や出来事に沈みこんで、抜け出せなくなり、いつの間にか最後のページへとたどり着いていた感覚でした。

休暇がとれたので、何か長編でも読みたいという人や、一年に一度は長い作品が読みたいという人や、とにかく長編が大好きという人におススメの一冊です。

(成城比丘太郎)

(楽天)


-★★★★☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

アマニタ・パンセリナ (中島らも/集英社文庫)

著者の実際の「ドラッグ」体験をつづるエッセイ集 酒からガマのアブラ、ベニテングダケまで、様々なドラッグが登場 一つひとつがリアルで「面白い」 おススメ度:★★★★☆ この本は先に書いたようにホラー小説 …

絡新婦の理 (京極夏彦/講談社文庫) ~あらすじと感想、ネタバレあり(後編)

目潰し魔と絞殺魔の事件を繋ぐ糸とは 魅力的なキャラクターたち ネタバレありの感想 おススメ度:★★★★☆ この作品については、前編に引き続いて感想を書いていきたいと思う。前回は今まで通り概要を紹介した …

スターシップ・トゥルーパーズ≒宇宙の戦士〔新訳版〕(ロバート・A ハインライン/ハヤカワ文庫SF)

原作無視の血みどろ本格SFスプラッター映画 エロ・グロ何でもありのワンダーランド 同時に何故か感動する魂の一作 おススメ度:★★★★☆ のっけから申し訳ないが、タイトル通りこれは「宇宙の戦士」のレビュ …

怖くて眠れなくなる感染症(岡田晴恵/PHP研究所)

軽く読めるが、中身は結構重い。 身近にある、気をつけるべき病気。 海外渡航する人は特に注意。 おススメ度:★★★★☆ 感染症というのは、人間誰しもかかるし、いつ発症してもおかしくない病気です。(201 …

ねじの回転(ヘンリー・ジェイムズ[著]・土屋政雄[訳]/光文社古典新訳文庫) ~あらすじと感想

クリスマスイブに古い屋敷で行われた怪奇譚。 二人の美しい子どもたちと、二人の亡霊と、家庭教師の女性と。 (ゴシック小説風)ホラーとして読めます。 おススメ度:★★★★☆ 本書は、聞き手の「私」を含む何 …

アーカイブ