3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

特になし

個人的な、岩波文庫の100冊(仮)其のご〜「成城のコラム(79)」

投稿日:

  • 「コラム079」
  • 少し不思議な物語。
  • ぜひとも読んでみてくださいませー。
  • オススメ度:特になし

【近況】

台風14号が日本列島を通過しました。とくに九州を中心に被害が大きかったようです。うちの地域では、雨風が少し強い時間帯があったくらいで、とくに何もありませんでした。そしてその後、気温がぐっと下がり、秋が来たなー、と思うような涼しさが感じられるようになりました。

ちなみに、ここ十年で、記憶にある大きな台風は、2013年9月にきた台風18号です。近畿地方でも大きな被害があり、うちの地域では鉄道も運休し、周辺に通じる道路(国道など)も通行止めになって、一時的に完全に周りから隔絶された形になりました。陸の孤島みたいなかんじになったわけです。

さて、話かわります。クーラーのリモコンに入っている電池が液漏れした件について。先日、クーラーのリモコンを操作しようとしてボタンを押したところ、リモコンの液晶部分の表示がスーッと消えていきました。その瞬間に、電池が液漏れしたなと思い、中を開けて確認したら、ジャストナウ液漏れ真っ最中でした。そういえば、この電池はいつのものなのか分からないくらい古いので、液漏れすることはなんとなく予感してました。みなさんもあまり使わないリモコンとかに気を付けてください。

【少し怖くて、不思議な物語Part2】

今回取り上げますのは、怖い作品というよりも、幻想小説、不思議な作品、マジックリアリズム、といったかんじのラインナップです。この中で、カフカはカフカ風味の作品ですので、幻想小説に入るのかどうかわかりませんが。

(26)ヤン・ポトツキ(畑浩一郎・訳)『サラゴサ手稿(上)』

(27)エイモス・チュツオーラ『やし酒飲み』

(28)ファン・ルルフォ『ペドロ・パラモ』

(29)ボルヘス『伝奇集』

(30)コルタサル『悪魔の涎・追い求める男』

(31)ブッツァーティ『タタール人の砂漠』

(32)ブルガーコフ『悪魔物語・運命の卵』

(33)『カフカ寓話集』

今月、ファン待望の『サラゴサ手稿』の上巻がついに刊行されました。姉さん事件ですというくらいの大事件です。発売されたばかりなので、私はまだ読んでません。全三巻の予定です。さて、全部刊行されてから読むか、それともひとまず上巻から読むか。まあ、今月か来月にでも上巻を読むでしょう。サラゴサ手稿が出たぞー、こいつはどえらいものがたりー。

というわけで、サラゴサ手稿のことを書きました。他の作品については、ぜひとも読んでください。『やし酒飲み』と『伝奇集』と『タタール人の砂漠』は読んでみてくださいー。ブルガーコフ作品については、『巨匠とマルガリータ』のほうがスゴイかもしれませんが長編ですので、まずは『悪魔物語・運命の卵』からお願いしますー。

【次回予告】

次週の予定です。来週は、「個人的な岩波文庫の100冊」の企画をお休みして別の記事を書きます。ひと休みです。といっても、大したことを書くわけではないです。読書の秋について何か書きます。100冊の企画はまた10月から再開しますので、楽しみにしておられる何人かの方々はしばらくお待ち下さい。

(成城比丘太郎)


-特になし
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

白い雲と白い表紙と白いソダシ(成城のコラムー「74」)

「コラム074」 「白」に関する話題。 札幌記念のこと。 オススメ度:特になし 【近況〜最近食べたものとか】 お盆の近況です。お盆の時期になると思い浮かべるのは白い雲がはるかに見渡せた田舎の光景です。 …

アニメ無駄話~アニメ語り合い宇宙【6】

アニメ語りあい(6) アニメ無駄話 参るチャンピオンシップ オススメ度:特になし 【場所】 おいしいスイーツも食べられるカフェ。 【登場人物】 A:途中から参加 B:アニメ雑誌久しぶりに買いました 私 …

【アニメしりとりするぞい!】

秋の花粉症で くしゃみすごいけど アニメしりとりします オススメ度:特になし 【場所】 街角にあるふつうのカフェ。世の中には動物カフェがたくさんありますけど、そのなかでうさぎカフェに私は行ってみたい。 …

ウマ娘しりとり~2021夏アニメ語り(1)

夏アニメについて少し。 競争馬しりとり。 靴の話。 オススメ度:特になし 【登場人物】 A:酒あまり飲めない。 B:私としりとりしたい。 私:靴買いました。 【場所】 まちかどにあるアニメのコラボカフ …

レダ【全3巻】(栗本薫/ハヤカワ文庫JA)

ボーイ・ミーツ・ガール? ユートピア(ディストピア)SFとしてはイマイチ 作者自身の青春のモニュメント おススメ度:特になし 今年(2019年)は、小説家栗本薫の没後10年にあたる。生前は、商業出版さ …

アーカイブ