3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

★★☆☆☆

異常心理犯罪捜査官・氷膳莉花 嗜虐の拷問官 (久住 四季/メディアワークス文庫) メディアワークス文庫) 

投稿日:

  • 今回は拷問殺人がテーマ
  • 主人公は本庁に戻ったが話の流れは同じ
  • 微妙になりつつある
  • おススメ度:★★☆☆☆

今回、あらすじはAmazonの紹介文を引用させて頂きたい(結構長い)。

人気シリーズ! 拷問は至高の刑罰だ──快楽殺人者“拷問官”を追え! ついに本庁捜査一課に異動となった莉花は、念願であった殺人犯捜査第四係の仙波班に配属される。だが、功名心にはやる規則破りの刑事という悪評は拭えず、ここでも孤立していた。 そんな中、都内で異様な死体が発見される。それは車により執拗に手足だけを轢き潰されていた。被害者が半グレの構成員だったことから、内部抗争による私刑と見られた。 だが天才的な犯罪心理学者・阿良谷の助言は違った。目に釘を刺す別の殺人事件を挙げ、同一犯による快楽殺人だと指摘する。 殺害方法に共通項がない快楽殺人者。この不可解なプロファイルは、後に始まる恐怖の深淵への序章だった!

以下、ネタバレ込みの感想になるので、ご注意を。

薄々想像していたが、やはり今回も物語のフォーマットは同じだ。事件→行き詰まる→阿良谷博士登場→捜査の進展と解決。この点については前回、詳しく書いたのでそちらをご参照頂きたい。

今回のポイントは主人公の氷膳が自分を引き上げてくれた仙波主任の元で働くのだが、同時に尚澄という監察官から内部情報漏洩の内偵を頼まれる点である。仙波班に情報漏洩の犯人がいるという話である。これが氷膳の行動に制限をかけるというのが趣向になっている。

ただこの監察官、どうも氷膳のことを恋愛対象として見ているようなのだ。というか、あからさまにセクハラっぽいことを言われている。「君のためなら一晩中でも待っているよ」とか。眉目秀麗な知的なキャリア組という要素を考慮しても単純にキモい。もちろん、氷膳はこの手の感情に疎いという設定があるので、あくまでサブ要素なのだが、どうも引っかかる。

またこの監察官が内偵の見返りに氷膳の違法?捜査にも手を貸してくれるのだが、そのせいで主人公補正が更に大きくなってしまった。仙波主任にも目をかけられているので、警察内での孤立というのは建前で、味方がいっぱい居るのである。

第一作の持っていたミステリアスでスピーディーなサスペンス要素は、三作目にして早くもマンネリ展開に陥ってしまい、少々退屈になってしまった。前二作にはなかった恋愛的要素もいらない。

ラストの犯人も一捻りあるが、やはり慣れてしまったので衝撃は少ない。

ただ、物語の一番太い謎となっている氷膳の両親殺害事件に関しては、彼女自身の記憶が蘇りかけていて進展がある。阿良谷博士も戻ってくると言っているし、はまだ数巻は続きそうな感じがした。この謎の解決の犯人が誰であるのかは気にはなる。

今回評価は下げたが、私は謎めいた長い話が好きだ。そのため、次回作も一応読んでみたいと思っている。

ちょっと軽いが、何だかんでこのシリーズは気に入っているのかも知れない。次回作はこれまでのパターンを逆手に取るような作品を期待している。

(きうら)


-★★☆☆☆
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

死国(坂東真砂子/角川書店)

心霊系恋愛小説 四国の土俗的文化がベース ホラーとしてはおすすめできない おススメ度:★★☆☆☆ 注・ここから先、ネタばれあり 過去に「猫殺し」の一件で話題になった坂東氏による「死国」は、死者の甦りと …

実録怪異録 死に姓の陸 (西浦和也/竹書房ホラー文庫)

実話短編怪談集。メインタイトルは連作 堂に入った語り口で安定して読める 実話だと思うが、霊現象そのものには「?」 おススメ度:★★☆☆☆ こういうサイトを運営していると時々読みたくなる実話怪談シリーズ …

厭魅の如き憑くもの (三津田信三/講談社文庫)

憑き物をテーマにした戦後間もない架空の村の怪異 探偵役が登場する正しいミステリの構造 固有名詞に違和感があるが読みやすい おススメ度:★★☆☆☆ 戦後の昭和の架空の村が舞台で、谺呀治(かがち)家と神櫛 …

鬼(高橋克彦/ハルキ・ホラー文庫)

陰陽師を扱った連作短編集 平安時代の怪奇事件簿という趣(おもむき) 地味と言うか渋いというか…… おススメ度:★★☆☆☆ (あらすじ・紹介文より)平安の都で起こる怪事件の影で跋扈する道鏡、菅原道真らの …

ハサミ男(殊能将之/講談社文庫)

ミステリ寄りのトリッキーなサスペンス 残酷描写が苦手な方も大丈夫 面白いが癖が強く、万人には薦められない おススメ度:★★☆☆☆ 少女の首にハサミを突き立てるという「ハサミ男」による残虐な連続殺人が起 …

アーカイブ