★★★☆☆

禍家(三津田信三/角川ホラー文庫)~紹介と感想、軽いネタばれ

投稿日:2017年8月14日 更新日:

  • 家と森にまつわる因縁。
  • 結構単純な怪異の連続だが、結構怖いです。
  • とにかく主人公の少年がスーパーなメンタルの持ち主。
  • おススメ度:★★★☆☆

多分、三津田信三を読むのはこれが初めてだと思います。「ホラーとミステリを融合させた独特の作風」と紹介文にある通り、ホラーを基調に、ミステリと少しのサスペンスを付け加えた、なかなかの面白さです。

本書は、主人公の「棟像貢太郎(12歳)」が、祖母とともに、引っ越してくるところからはじまります。貢太郎は、なぜか引っ越し先の町に既視感をおぼえ、家に不吉な予感を感じたり、不気味な森を恐がったり、住人の老人に奇妙なことを言われたりと、導入部分から、ホラーっぽい要素が満載です。

貢太郎は、新しい住居で、何かの気配を感じます。この家にまつわる恐怖というのは、栗本薫『家』でもそうでしたが、なかなかリアリティを感じます。私も幼少期に、夕方帰宅したら誰も家におらず、家族が帰ってくるまでの数時間、自分の部屋だけ明かりをつけて、薄暗い家の中で、じっとしていたあの時の怖さを思い出しました。屋外の町のざわめきを聞きながら、家には自分の他に誰かいるかもしれないと、そんな気配を感じていました(錯覚)。

貢太郎は、家だけでなく、町に鎮座まします森(個人が祀る鎮守の森)で恐怖体験もするのです。一人では対処できなくなった貢太郎は、町に住む同い年の「生川礼奈」に事情を話し、彼女と一緒に怪異の謎と、貢太郎の家にまつわるある因縁を探るのです。

後半にかけて、ホラーにミステリが加わり、最後はサスペンス風にもなります。ありがちな怪奇ネタだけで、これだけのホラーの雰囲気を書き上げる作者の力は、なかなかすごいです。とはいえ、解かれていないのではないかと思われる謎も残り、さらに、この貢太郎君が、小学生にしては余りにもスーパーなメンタルと、冷静な判断力と、論理的な思考力(これはいいのですが)を持っていて、そのあたりがご都合主義的な面として、少し残念な部分です。

(成城比丘太郎)



禍家 (角川ホラー文庫) [ 三津田信三 ]

-★★★☆☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

乱歩と正史(内田隆三/講談社選書メチエ)

乱歩について言及されているのが、ほとんど。 横溝(作品)にも最後の方で触れています。 乱歩と横溝が直面した、戦争に対する探偵小説の行方。 おススメ度:★★★☆☆ 江戸川乱歩と横溝正史という、戦前・戦後 …

日本美術とゾンビランドと化した佐賀~読書メモ(23)

『闇の日本美術』をちょこっと紹介 ゾンビランドサガについて 戦国武将・鍋島直茂について おススメ度:★★★☆☆ 【はじめに】 今回は、最近読んだ本の簡単な紹介と、現在放送中のアニメについて簡単な感想を …

ベルセルク 40(三浦健太郎/ヤングアニマルコミックス)

本当に長いファンタジー漫画の一つのターニングポイント 簡単に言えばふりだし(13)に戻る うっすらと虚無感も…… おススメ度:★★★☆☆ まず、この漫画をご存知ない方は過去記事の「ベルセルク 1」を、 …

ゆらぐ玉の緒(古井由吉/新潮社) ~感想というより、応答のような創作 

これといった話の筋はない。 現在から過去へ、時空を自在に往き来する随想。 私の感想というより、(応答のような)創作。 おススメ度:★★★☆☆ (編者追記・内容の概要(Amazonの紹介文の転記))陽炎 …

船出(上)・(下)(ヴァージニア・ウルフ/岩波文庫)

ヴァージニア・ウルフ作品の中では読みやすい。 若い娘が、人との交流の中で成長していく。 <死>が作品を包み込んでいる。 おススメ度:★★★☆☆ 暗い夜の闇の中を、南米へ向けてロンドンから出港する「一隻 …

アーカイブ