3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

★★★☆☆

禍家(三津田信三/角川ホラー文庫)~紹介と感想、軽いネタばれ

投稿日:2017年8月14日 更新日:

  • 家と森にまつわる因縁。
  • 結構単純な怪異の連続だが、結構怖いです。
  • とにかく主人公の少年がスーパーなメンタルの持ち主。
  • おススメ度:★★★☆☆

多分、三津田信三を読むのはこれが初めてだと思います。「ホラーとミステリを融合させた独特の作風」と紹介文にある通り、ホラーを基調に、ミステリと少しのサスペンスを付け加えた、なかなかの面白さです。

本書は、主人公の「棟像貢太郎(12歳)」が、祖母とともに、引っ越してくるところからはじまります。貢太郎は、なぜか引っ越し先の町に既視感をおぼえ、家に不吉な予感を感じたり、不気味な森を恐がったり、住人の老人に奇妙なことを言われたりと、導入部分から、ホラーっぽい要素が満載です。

貢太郎は、新しい住居で、何かの気配を感じます。この家にまつわる恐怖というのは、栗本薫『家』でもそうでしたが、なかなかリアリティを感じます。私も幼少期に、夕方帰宅したら誰も家におらず、家族が帰ってくるまでの数時間、自分の部屋だけ明かりをつけて、薄暗い家の中で、じっとしていたあの時の怖さを思い出しました。屋外の町のざわめきを聞きながら、家には自分の他に誰かいるかもしれないと、そんな気配を感じていました(錯覚)。

貢太郎は、家だけでなく、町に鎮座まします森(個人が祀る鎮守の森)で恐怖体験もするのです。一人では対処できなくなった貢太郎は、町に住む同い年の「生川礼奈」に事情を話し、彼女と一緒に怪異の謎と、貢太郎の家にまつわるある因縁を探るのです。

後半にかけて、ホラーにミステリが加わり、最後はサスペンス風にもなります。ありがちな怪奇ネタだけで、これだけのホラーの雰囲気を書き上げる作者の力は、なかなかすごいです。とはいえ、解かれていないのではないかと思われる謎も残り、さらに、この貢太郎君が、小学生にしては余りにもスーパーなメンタルと、冷静な判断力と、論理的な思考力(これはいいのですが)を持っていて、そのあたりがご都合主義的な面として、少し残念な部分です。

(成城比丘太郎)



禍家 (角川ホラー文庫) [ 三津田信三 ]

-★★★☆☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

最近読み終えた作品(2018年4月) ~黄色い雨/戦う操縦士

黄色い雨(フリオ・リャマサーレス、木村榮一〔訳)/河出文庫) 戦う操縦士(サン=テグジュペリ、鈴木雅生〔訳〕/光文社古典新訳文庫) 最近読んだ海外文学の感想です。 朽ちていく村と運命を共にする「私」( …

平面いぬ。 (乙一/集英社)

表題作ほか、4つの短編を収録 ホラー要素よりファンタジー要素が強い 独自の世界観とどこか暖かい読後感 おススメ度:★★★☆☆ 収録の順番でいえば、和風メデゥーサの話を描く「意志の目」、一種の幽霊譚とな …

蜂と蟻に刺されてみた(ジャスティン・O・シュミット、今西康子[訳]/白揚社)

「痛さ」からわかった毒針昆虫のヒミツ(副題) 刺されて一番痛い「虫」は何か 昆虫の生態学的見地から得られたもの おススメ度:★★★☆☆ 【はじめに】 原題は『THE-STING-OF-THE-WILD …

お初の繭(一路晃司/角川ホラー文庫)

製糸工場に売られた12歳の少女が体験する恐怖 湿った雰囲気にキモイ描写、そしてロリータ趣味。 かなりのグロさ。読んだことを後悔する。 おススメ度:★★★☆☆ 主人公のお初は架空の寒村に住む12歳の少女 …

ヒロシマの人々の物語(ジョルジュ・バタイユ[著]・酒井健[訳]/景文館書店)~概要と感想

バタイユの「ヒロシマ」論。 ナガサキにも通じるものがある。 後半はバタイユの思想についてさかれている。 おススメ度:★★★☆☆ 本書は、バタイユが、ハーシーのルポルタージュ『ヒロシマ』(1946年)を …

アーカイブ