3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

★★★☆☆

殺人鬼-覚醒篇 (綾辻行人/角川文庫)

投稿日:2016年12月27日 更新日:

  • タイトル通りの残虐スプラッター・ミステリ
  • オチは意外だが、少々わかりにくい
  • 残酷描写が苦手な方は読まない方がよいだろう
  • おススメ度:★★★☆☆

著名なミステリ作家である綾辻行人が仕掛けるスプラッター・ホラー。合宿のために山を訪れた若者たちが殺人鬼に襲われるという「13日の金曜日」的なよくあるシチュエーションの中、まんまB級ホラー的なスプラッタなストーリーが展開される。さらにミステリ作家としての細工も仕掛けてあるというのが売り。

作者は自分自身のスプラッター表現の限界に挑戦している、あるいはその表現を楽しんでいると感じで、まさしく「正統派」エログロ作品となっている。タイトル通り、殺人鬼による残虐な殺人が描かれるガチンコホラー展開なので、苦手な方は多少ミステリに興味があっても読まない方が良いだろう。

オチは確かに意外だし、伏線も貼ってあるので、よくよく読んでみるとお話の仕掛けも納得できる。残虐描写に目が行って、伏線に気づかないというのはある意味素晴らしい。ただ、よくできているが大変面白いというかというとそうでもなく、一種の「企画もの」ミステリという気もする

残虐描写がお好きな方、または綾辻行人のファン、未読で謎解きに興味がある方などにはオススメだ。ちなみに、続編も「逆襲編」として刊行されている。

(きうら)


殺人鬼(逆襲篇) [ 綾辻行人 ]

-★★★☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

ミスター・メルセデス 上・下 (スティーヴン・キング・著/白石 朗・約/文春文庫)※ネタバレをさほど気にしない

キング初の推理小説という宣伝 少なくとも推理小説ではないような 現代的なテーマの心理戦 おススメ度:★★★☆☆ 前回(ジョイランド)の紹介の時に、続けて読むと宣言した作品。宣言通りに読んだのだが、感想 …

ずうのめ人形(澤村 伊智/角川ホラー文庫)ネタバレなし~ありまで

呪いと都市伝説がテーマ 二つの物語が交錯する サスペンスとしては面白い おススメ度:★★★☆☆ 「ぼぎわんが、来る」の著者のデビュー2作目。前作は自分でも内容を忘れていたので、概要を確認したが、何とな …

クリーピー (前川裕/光文社文庫) ネタバレあり

「不気味な隣人」がテーマ 途中までは傑作感がある 期待と落胆 おススメ度:★★★☆☆ タイトルの意味は本書の冒頭で、 creepy (恐怖のために)ぞっと身の毛がよだつような; 気味の悪い(『小学館ラ …

翳りゆく夏(赤井三尋/講談社) ~概要と感想、おススメ点など

20年前の誘拐事件の謎を追う 錯綜する人間関係をスピーディに 意外性と引き替えに、ラストにも疑問も おススメ度:★★★✩✩ (あらすじ)「誘拐犯の娘が新聞社の記者に内定」という「事件」をきっかけに、2 …

あの日読んだドストエフスキーを僕はまだおぼえている(成城のコラムー92)

「コラム092」 ドストエフスキーの新訳を読みました。 ステパンチコヴォ村での会話劇。 オススメ度:★★★☆☆ 【近況】 雪降って、雪積もって、寒いなかウォーキングしました。そして、手が寒い。鍋焼きう …

アーカイブ