★★★★☆

クリムゾンの迷宮 (貴志裕介/角川文庫) ~簡単なあらすじと感想

投稿日:2017年2月7日 更新日:

  • 隔離された舞台での頭脳戦を描くサバイバルホラー
  • 非常にゲームを意識した展開。結末に物足りなさも
  • 痛い描写も多数あるので、苦手な方は注意
  • おススメ度:★★★★☆

表紙の写真にあるようなまるで火星のような閉鎖された空間に突然放り込まれた登場人物が、生き残りを模索するサバイバル的ホラー。生き残りのヒントが「ゲームボーイ」的なデバイスに、ミッ〇ーマ〇スを模したキャラクターから送られてくるというのがユニーク。参加者は、使用方法の不明な「アイテム」を一つ選び、この不条理で絶望的なゲームに参加させられる。

主人公は一見平凡だがクールで聡明なイメージの男<藤木>で、謎の女性と一緒に、他の参加者との攻防や脱出の方法を探る構成。舞台設定に余計な設定が与えられておらず、ひたすら「生き残る」ことに頭を使うシーンを楽しむ小説だ。最初からゲームと割り切っているので、アクション映画を観るような娯楽性が高い。ゲームと言っても昨今のコンピューターゲームというより、懐かしいゲームブックを小説で読んでいるような感覚だ。リメイクするならデバイスはスマホになるだろう。

そういう意味では少しセンスが古いのかも知れないし、この手の「限定された空間でのゼロサムゲーム」は娯楽小説の定番であるので、新鮮味はないかも知れない。ただ、とにかく文章の読みやすさと構成が巧みで、話の先が気になって仕方のない作品だ。一体主人公はどうなるのか。ヒロインの正体は。結末は―-。作者が得意とする残虐描写も相まって、最後まで緊張感のある展開が楽しめる。

結末には賛否あるだろうが、私は非常に気に入っている。貴志裕介氏の作品は何冊か紹介したが、個人的にはベストスリーに入ると思っている。

(きうら)


クリムゾンの迷宮 [ 貴志祐介 ]


-★★★★☆
-, , , ,

執筆者:

関連記事

千と千尋の神隠し(宮崎駿/スタジオジブリ) ~あらすじと軽いネタバレと怖さの構造

いわずと知れた摩訶不思議な和風ファンタジーの傑作 ホラー要素満載で悪意しか感じない展開 しかし「超」天才の限界を感じる作品 おススメ度:★★★★✩ 「君の名は」や「アナ雪」や「タイタニック」を足蹴にす …

幽霊人命救助隊 (高野和明/文春文庫) ~あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想

自殺者が幽霊となって100人の人間を救助 幽霊という題名だが、ホラーではなくエンタメ小説 まったく怖くはないが、面白い おススメ度:★★★★☆ この本は上記の通り、設定こそ「幽霊」という単語が出てくる …

ずっとお城で暮らしてる(シャーリイ・ジャクスン〔著〕、市田泉〔訳〕/創元推理文庫)

殺人事件のあった屋敷に暮らしてます 周りの人の悪意をひしひしと感じます 閉ざされた世界で自足的に生きていきます おススメ度:★★★★☆ 父:娘よ、シャーリイ・ジャクスンの『丘の屋敷』はもう読んだかい? …

ファントム〈上〉 (ディーン・R・クーンツ (著) 大久保寛 (翻訳)/ハヤカワ文庫) ~あらましと感想

500人の住人が一瞬で消えた謎に挑むホラーサスペンス 美しい姉妹が主人公、個性的な脇役多数 見たいものは全て見せる正にペーパーバックスタイル おススメ度:★★★★☆ 先日紹介した「ホラー小説大全」でも …

死刑 その哲学的考察(萱野稔人/ちくま新書)

日本の死刑制度のもつ意味とは。 道徳的に、または政治哲学的に考える。 価値観の押しつけや、抽象論に堕しない死刑の考察。 おススメ度:★★★★☆ 【大雑把な本書の見取り図】 まず、(欧州に非難される)日 …

アーカイブ