★★☆☆☆

ブラッドハーレーの馬車(沙村広明/太田出版)

投稿日:2017年1月13日 更新日:

  • 少女趣味と人体欠損要素あり
  • 全体的に鬱展開で救いがない
  • 絵は作者特有の緻密な画風
  • おススメ度:★★☆☆☆【閲覧注意】

とある資産家のブラッドハレー家では「慈善事業」と称して、孤児院から少女を選び、養女としていた。表向きは、歌劇団での女優のスカウトという名目だったが実は悲惨な運命が待っていた……という導入で始まるこの物語は、基本的にはホラー・コミックというよりは残酷な寓話だ。

「無限の住人」で名高い作者であるが、あの作品のような娯楽性や高揚感はなく、むしろ「無限の住人」でも時々展開される鬱的ストーリーをクローズアップしたような作風だ。

なぜ閲覧注意かと言えば、物語の初期に少女(十代前半)の輪姦シーン及び人体欠損描写が省略なく描かれているためで、ありていに言えばその辺の変態性を期待して読み始めたとしても間違いなく後悔するだろう。そこにはエロティシズムはほとんどなく、ただただ、胸が悪くなるだけだ。

著者はほかにも、SM雑誌で無残絵(Wikipedia)も書いているとのことだったが、とにかく女性(少女)をいかに残酷に責めるかというのが主題であるので、その辺の趣味がない場合、この本を読む必然性はないと思われる。

作者の異常な嗜好を何か別のテーマを持たせて作品化しているものも多いが、この作品もその一つ。以前に紹介した小説「隣の家の少女」にも似ているが、殆どの読者は「読んで後悔」すると思う。逆に、残されたごく一部の読者には至高の作品となっている。

(きうら)


ブラッドハーレーの馬車 [ 沙村広明 ]

-★★☆☆☆
-, , , ,

執筆者:

関連記事

本当の魔法と魔法瓶(北川商店) ~【特別編PR的寒い感想】

・今回は怖い本の紹介ではないので怖い話を読みたい人はスルー ・怖いというより寒いかキモイ。というか、滅茶苦茶でアホ ・なぜ、特別編でスルーかは下記の説明を読むとよくわかります おススメ度:★★☆☆☆ …

厭結び オチが最凶の怖い話 (竹書房文庫)

怪談サイト入賞作品の短編集 作者が違うのでクオリティはまちまち 多彩とも言えるが、まあ、ソコソコ おススメ度:★★☆☆☆ この怪談集の扉を開くと書いてある煽り文句がいい感じ。引用する。 最後の最後に笑 …

魔の聖域 (楢山芙二夫/角川ホラー文庫)~あらましと感想 、ややネタバレ

映画のスタントマンの事故死にまつわる怪異 イマイチ、何のホラーなのか分からない 昭和映画界の裏側描写は面白い おススメ度:★★☆☆☆ 「魔の聖域」と、抽象的なタイトルがついているが、内容は上記のような …

忌み地 怪談社奇聞録 ( 福澤徹三・糸柳寿昭(共著)/ 講談社文庫)

実在する怪談蒐集団体のお話 糸柳と上間という二人の人物が取材した内容 を、取材した現代怪談集 オススメ度:★★☆☆☆ 冒頭でこの本が怪談社という団体に所属する二人の人物の取材記であることが記される。結 …

ブラジルから来た少年(アイラ・レヴィン/ハヤカワ文庫)

古典的SFサスペンスとして楽しむ一冊 いわゆるナチスもの 少しだけグロテスク描写もあり おススメ度:★★☆☆☆ 発表された1976年当時では、この小説のメインテーマは一般的に余り知られていない科学技術 …

アーカイブ