★★★☆☆

海の底(有川浩/角川文庫)~あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想

投稿日:2017年3月25日 更新日:

  • SFパニックエンターテイメント小説
  • 男の友情、というかそっち系
  • 残酷描写あり。軽い読書向き。
  • おススメ度:★★★☆☆

今回はSFで現代を舞台にしたモンスター・パニック系の小説を紹介。随分有名なので、ご存知の方も多いかも知れない。私も「面白い」と評判だったので、読んでみたが、どっちかというとラノベ系のノリだ。オランダが誇る「変態紳士」ことポール・バーホーベン監督の「スターシップ・トゥルーパーズ(Ama)」的「人体ぶった切りエンターテイメント」を期待して読んだが、メインはそこではなかった。

(あらすじ)4月に米軍横須賀基地で行われた「桜祭り」。そこに停泊していた自衛隊潜水艦「きりしお」の隊員は、海から謎の巨大甲殻類の大群が襲ってきた様子を目撃する。しかも、人を襲って食べている。子供を助けた自衛隊員は潜水艦に立てこもるが……という感じでスタート。

上記の通りメインテーマは、笑ってしまうほどの「スプラッター描写」というより、男二人の友情というか、ホモ的愛情というか、そういうのを感じる内容で、非常にライト。バーホーベン監督のように吹っ切れたアホ的描写は少なく、結構シリアスな展開になったりする。それも意外だった。

ライト=読みやすいということで、期待するところを間違えなければ、いい小説かもしれないが、私にはいまいちピンと来なかった。やっぱり黙って「ロボコップ(Ama)」でも観ている方がいい。でも、間違っても悪い小説ではないので、ゴジラのような怪獣パニックものを好きな方なら全然(誤用だが)イケル内容だ。

好きなので脱線するが、バーホーベン監督は「ロボコップ」や「スターシップトゥルーパーズ」以外にも「トータル・リコール」や「インビジブル」、「グレート・ウォリアーズ/欲望の剣」などでも有名だ(アフェリエイトを貼るのが面倒なので検索してください)。特に「氷の微笑」で、アメリカの「最低」映画を決めるラズベリー賞を7部門受賞した時、本人自身が満面の笑みで授賞式に出席したエピソードが大好きだ。自分の作品を馬鹿にされて喜んでいるオランダの変態。しかも、面白くない映画を無理やり撮ったことを自覚している男。いや真の漢だ。苦手な方も多いと思うが、バーホーベン監督の映画は、バカと暴力とエロと男のロマンに満ち溢れている。古い映画だが、ぜひ、オリジナルのロボコップから入門して欲しい。あのラストは絶対に惚れるはずだ。カッコ良すぎ。また、スターシップトゥルーパーズは別枠で紹介したい。

どちらかというと、別の作品のレビューになったが、とにかく、ラノベ的変化に富んだ内容なので、上記の内容が気になったら、一度読んで見られるといいと思う。


海の底 [ 有川浩 ]


-★★★☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

ダーク・タワー1 ガンスリンガー (スティーブン・キング(著),‎ 風間賢二 (著)/新潮文庫)~あらましと感想

西部劇風のロードムービー風娯楽小説 ファンタジー要素が多数 キング作品の根幹となるシリーズ おススメ度:★★★☆☆ キング作品ではおなじみの長い前書きで書かれているが、この作品はJ.R.R.トールキン …

最後から二番目の真実(P・K・ディック[著]、佐藤龍雄[訳]/創元SF文庫)

世界を二分する勢力による戦争の行方とは。 地下に移り住んだ人々に隠された真実。 主要人物数人のドラマ。 おススメ度:★★★☆☆ フィリップ・K・ディックは日本でよく読まれています。最近読んだ『フィリッ …

<ひとり死>時代のお葬式とお墓(小谷みどり/岩波新書)

葬式のありようが変わる。 お墓(埋葬)の多様化。 <ひとり死>の弔いをどうするのか。 おススメ度:★★★☆☆ <死>のことを、まず、自分が死んだらどうなるのかという実存的な問題として考えたことのある人 …

ハイダウェイ(ディーン・R. クーンツ (著), 松本 剛史 (翻訳)/新潮文庫)

刺激的な出だし、エキセントリックな構想 魅力的な悪役ではあるのだが 最後の「やっつけまとめて感」がすごい 飽き飽きするほど聞かされたフレーズ「キングと並び称される」モダンホラーの巨匠クーンツの長編小説 …

イルカと墜落( 沢木耕太郎/文春文庫)~紹介と感想

著者が実際に乗った「飛行機の墜落事故」のレポート 前半はブラジルでの少数民族に関するドキュメント 冷静な文章で読みやすい。むしろユーモアも。 おススメ度:★★★☆☆ 前回紹介した「クライマーズ・ハイ」 …

アーカイブ