3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

★★★☆☆

感染(仙川環/小学館)

投稿日:2016年12月15日 更新日:

  • 「臓器移植」がテーマの医療系サスペンス
  • とにかく軽快で展開が早い。軽い読書向き。
  • タイトルから想像されるようなグロ系描写はほぼ無い
  • おススメ度:★★★☆☆

「感染」は、臓器移植を中心とした医療知識を縦糸に、夫婦の愛憎を横糸にして描かれる医療系サスペンス。葉月という女性の一人称で描かれており、雰囲気は硬質だが極めて軽快にストーリーが展開していく。

実際には軽快に……というより、ドラマを2倍速で見ているような「溜め」のないノンストップ・サスペンスになっている。こちらに深く考える暇を与えないほど、目まぐるしく物語は展開し、全く飽きずに読み進められる。

その弊害とも言えるが、やはり物語にいまいち深みがないのは残念だ。最低限必要なリアリティやドラマはあるが、驚愕するようなパンチ力がない。終盤の展開も本来ならもっと衝撃的なはずなだが、じっくり驚いている余裕もなく物語は幕を閉じてしまう。ヒロインの葉月は少し根暗気味で、夫&夫の元妻との三角関係も、昼メロ風の設定になっていて少し軽い気がするなど、登場人物全てに余り共感できないのも難点。

ただ、少々スピードが出すぎてしまったとはいえ、この読みやすさは軽い読書にぴったりだ。とかく陰惨になりがちなサスペンスだが、これぐらい軽快だと人を選ばずお薦めできる。ちなみに、怪奇要素や過度なグロテスク描写はほぼないので、そういうのが苦手な方も安心して読めるだろう。

(きうら)


感染【電子書籍】[ 仙川環 ]


-★★★☆☆
-, ,

執筆者:

関連記事

ドラゴンヘッド(1)-(10) 【完結】(望月峯太郎/ヤングマガジンコミックス)

世紀末漫画の傑作 最初の方はよく出来ている 収拾が付かなくなったのが残念 おススメ度:★★★☆☆ 1995年にコミックスの初版を出版しているリアルなディストピアものの漫画。当時は、けっこうブームになっ …

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ と ゴジラ(前編)【完全ネタバレ】

身に染み込んだ怪獣の記憶 ゴジラを巡る個人的な理由と最新作の感想 昭和と令和のゴジラは主張が反対 おススメ度: ★★★☆☆(ゴジラ キング・オブ・モンスターズ) ★★★★★(ゴジラ) 【前説・なぜ怪獣 …

ホーンテッド・キャンパス(櫛木理于/角川ホラー文庫)

ラブコメ+軽いオカルト 衒学趣味的要素もある こういう軽さも必要かも知れない おススメ度:★★★☆☆ 本作はいわゆるライトノベルに属する作品である。大学のオカルト部が舞台。いかにもな気弱だが霊感のある …

レインツリーの国(有川浩/新潮文庫)

ある障害をもつ女性の、恋愛までの道。 関西弁(大阪弁)の男性が正直うざい。 内容を一般化して考えてみる。 おススメ度:★★★☆☆ 本書は、その内容を簡単に説明すると、ある障害をかかえた女性と健常者男性 …

パタリロ! (第22巻)(魔夜峰央/花とゆめCOMICS) ~パタリロの作者が描くナウシカ

パタリロ6世と悪魔の公爵が出てくる番外編 権力闘争からパターン化された「仕事人」風の展開に パロディ満載の22巻。この後も続く。 おススメ度:★★★☆☆ 「君たちはどう生きるか」などを読めば、ブログ的 …

アーカイブ