3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

★★★☆☆

劇場版メイドインアビス 深き魂の黎明(原作:つくしあきひと/監督:小島正幸)完全ネタバレ紹介~第2期もほんの少し

投稿日:

  • かなり過激なファンタジー
  • 第一期の完全な続編
  • R15+という内容
  • おススメ度:★★★☆☆

詳しくはアニメ第一期の紹介を参照頂きたいが、丸くて柔らかい絵柄で過激な冒険ファンタジーが描かれる。今風の深夜アニメやハイファンタジー、ロストテクノロジーもの、宮崎アニメなど色んなものを想起させられるが、話が進み、アビス(奈落)に降りるに従って、独特のダークファンタジーの色が濃くなる。以下は一期をご存じの前提で感想を書きたい。

アビスも深くなった深層第五層で、リコはレグ、ナナチたちと共に、先に進むためにボルボンド卿と対決する。これが全て。もちろんこの下の階層の話があるのは知っているので、勝負の行方は予想できる。では何が描かれるかと言うとボルボンドの悪行?である。

この男、見た目は黒づくめで、中世の甲冑とヴィクトリア朝の服装を混ぜたような姿で鉄の尻尾っぽいものも付いている。顔面は縦一文字に眼のような青い線があり発光する。

話し方は敬語でインテリ風だが、徹底した鬼畜キャラだ。今風に言えばサイコパスと言えるかも知れない。他人の痛みに徹底的に無頓着で、趣味が人体実験という「悪魔の医師」をイメージさせられるようなキャラクターだ。アビスの中でも先進的な探検や研究を行なっているが、白笛のオーゼンからも「筋金入りのろくでなし」と呼ばれるほどのかなりの狂人である。ただ、手段を問わずアビスを開拓した偉業は事実で黎明卿という異名も持つ。

具体的に言うと、彼はプルシュカいう10-12歳くらい(に見える)の娘を育てている。彼女とは「血のつながりが薄い」らしいが、とにかく徹底的に可愛がっていて、プルシュカ自身も「最高のパパ」述べている。

しかしそれは上昇負荷を軽減するための装置を作るために演じていただけだ。

この装置はカートリッジと呼ばれているが、愛情で結ばれた人間を身代わりにするもので、作り方がエグい。脳と脊髄と最低限の内臓を残して生きたまま箱詰めする。そう、プルシュカは作中で文字通り解体されてしまうのである。よくR15+で済んだなと思うくらいの完全なスプラッターシーン。

作中にはレグも解体されかかる。性器(に見える)に管を繋いで体液?を吸引するなど、非常にマニアック。片腕を落とされるだけで済むのだが、この絵柄でやられるとかなりキツい。

冒頭の人間に寄生する虫の大群シーンも含め、この吹っ切れた残酷描写が特徴で、過酷なストーリーと共にビジュアル的にも精神的にもかなり辛い。主人公のリコがウルトラポジティブなので、何か明るい雰囲気なのだが、それはこの作品の一部である。

本作は評価も高く、続編も現在放映中である。ローティーンにはススメないが、偏屈な大人でも楽しめる質の高いダークファンタジーだろう。

第2期も過激な展開を繰り返している。時々痛みの描写を入れてくるのがアビスらしい。それはともかく、第1話でいきなり〇〇〇させられるヒロインというのは余りいないのではないか。それもかなりリアルなエフェクトで……。らしいといえば、らしいシーンだった。その後も過去と交錯しながら6層の冒険が描かれている。これも全て観てから感想を書きたい。

(きうら)


-★★★☆☆
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ニーチェと世界と、いろんな謎 ~ニーチェ入門(清水真木/ちくま学芸文庫)/なぜ世界は存在しないのか(マルクス・ガブリエル、清水一浩〔訳〕/講談社選書メチエ)

他人の〔ニーチェ〕解釈を、自らの論文で批判しかしてこなかったという著者による初の入門書。 ニーチェという人物への入口として分かりやすい。 二人の〔かなり長い〕会話が繰り広げる、ある存在の謎。 おススメ …

ミスト(フランク・ダラボン監督)~暇なのでゆっくり観てみた

伝説の「胸糞悪い系」映画を再観賞 何といおうか……雰囲気は好きだ クリーチャーデザインは良い おススメ度:★★★☆☆ はっきり言ってしまうと、時間の都合で、今読んでいる本の感想が間に合わない。そのため …

南海トラフ地震(山岡耕春/岩波新書)

真面目な南海トラフ地震の考察 その脅威を正しく知ることができる 過度に煽らない学術的姿勢 おススメ度:★★★☆☆ マグニチュード1以上の地震は年間6000回以上も起きているという日本列島。これは一日約 …

絲的サバイバル(絲山秋子/講談社文庫)

本当に、簡単に読めるエッセイ。 一人キャンプの、絲山的堪能法。 これを読んだ後には、酒と、旨いメシが食いたくなる。 おススメ度:★★★☆☆ 芥川賞作家絲山秋子、このエッセイ連載当時、40歳になったとこ …

モロー博士の島(H・G・ウェルズ[著]・中村融[訳]/創元SF文庫) ~あらすじと感想

孤島で行われる、狂気のような実験。 人間と獣の境目とは? エンターテインメントとしても読める。 おススメ度:★★★☆☆ (あらすじ)「エドワード・プレンディック」は、「海難事故」にあい、とある「貨物船 …

アーカイブ