それぞれ

コロナワクチン2回目接種体験記

投稿日:2021年8月2日 更新日:

  • ワクチン接種の是非について
  • 専門的な意見ではありません
  • コロナとオリンピック
  • おススメ度:それぞれ

20年以上出たことがない熱が39度に達していた。昨日ファイザー製の対コロナワクチンの2回目を摂取した。統計データで40代は40%近くが発熱するらしいうえ、前回も発熱したので想定の範囲内である。熱が出た経験が極端に乏しいので実感が全くない。ちょっとぼうっとする。少しだけ頭痛もする。それ以外は普通だ。今計ると熱が38.5度であったが、こんなものだろうか。

そう書いてから1週間が過ぎた。あの時はそれ以上のテキストを打つ気になれなかったのだ。結果から言えばその翌日に全快し、普通に働いていた。ただ私の経験上、ファイザー製にしろモデルナ製にしろ、2回目を摂取した後は何らかの体調不良が出やすいので、働いているのなら有休を、学校であれば無理せず欠席を、そうでない人も安静にしていた方がいいとは思う。

ワクチンは変異株の予防には弱いとはいえ、重症化を防ぐ効果は強制的な世界的臨床試験のような状況から「ある」と言っていいと思う。それがどれくらいあるのかは、後世になって検証されないと分からないだろう。天災・人災問わず大中小規模な生存環境の変化は時代を問わず起こっており、私の世代がコロナだったのかと思ったりする。あと、南海トラフ大地震だけは心配しているが。

ホラー・オカルト的な話をするなら「ワクチンを打つと2年(5年)以内にみんな死ぬ!」とか言っている人もいるが、これだけ医療従事者の方を初め多くの方がワクチン摂取された以上「俺は打たないぜ」と言って生き残った方が地獄ではないだろうか。いやもっと単純に人口が激減すれば社会インフラが崩壊するだろうし、本当にキングの「ザ・スタンド」の世界がやってくるんじゃないだろうか。

リーダーの目がインスマス面みたいになって来たので、施政者たちは本当に困っているのだろう。私もこの件を茶化す気は一切ない。罹患者の方の一刻も早い回復を、医療従事者の現場の方には感謝を、この病の根絶を願って止まない。その上で、今現在の感染爆発は、

1.「緊急事態」を連発しすぎて「緊急事態」が平常化した。
2.オリンピック・プロスポーツ・高校野球・公的団体行事などを通じて、暗に「大したことないよ」というメッセージを送り続けている。
3.マスコミがスポーツ礼賛とコロナ対策批判のダブルスタンダードな報道姿勢を崩さないので、社会が混乱している。
4.前提があるはずの感染しても重症化しないという情報がエビデンスのないまま拡散している。
5.単純に身をもって「俺はもう制限された生活は我慢できないんだぜ」というインフルエンサーが多数いる。
6.以上のことから、正常性バイアスが国民全体に醸成された。

と、いったことに原因があるのではないかと思う。オリンピックについて否定的な投稿をしたが、もはやその程度の問題でも無くなってきた。だいたいプライドが高くて自滅するのは実に日本的文化だなと思ったりもする。かといってフランスのようにあまりに「もうどうにでもなーれ」的に振れてもいけないし、本当に世界的な試練を迎えているのだろう。

マネー&パワーが資本主義社会の原則なので、公式にごめんなさいできないのは十分理解できるが、1~3については現政府の失政だろう。ステークホルダー笑の都合に右往左往して分かり切っていた正解を選べなかった。選ばせてもらえなかった? そう考えると現実とは実にホラーではないか。他人を虐げて儲けた金で喰う飯は旨いのだろうか。たぶん、すごく美味しいだろう。

親戚の60代の独身男性は私と同じくワクチン接種後に高熱が出て倒れ、5日後に玄関で発見された。脱水症状の限界から考えて、あの世へ90%位は近づいていたと思うので、本当に皆さんも気を付けて下さい。2段落目の文章はその経験から書いた。どちらかと言うと孤独死の問題のような気もするが、くれぐれもご自愛を。

そのご自愛ができないから死ぬんですけどね。

(きうら)


-それぞれ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

最近読んだ、もしかしたら学生さんにおススメできるかもしれない本について~読書メモ(58)

最近読んだ本 学生さんにおススメできるかもしれない本 なんかいろいろ おススメ度:それぞれ 【まえがき】 先週はなにかと忙しかったので、とくにこれといった怪奇幻想的な本を読んでいない。なので、今週も休 …

最近読んだ本【2019年3月】~読書メモ(32)

読書メモ(032) 3月に読んだ本 文学、評伝、詩、評論など おススメ度:それぞれ 【はじめに】 今月は本格的な花粉症のため、あまり読書にいそしめなかった。ここに感想を書く本は、一部を除いて、図書館で …

最近読んだ本【2020年1月】~読書メモ(55)

去年末から今月にかけて読んだ本 ホラー、歴史、文学、エッセイ 怪奇ものはおもろいです オモシロ度:それぞれ 【怪奇幻想もの】 ・ルゴーネス『アラバスターの壺/女王の瞳』(大西亮〔訳〕、光文社古典新訳文 …

今週読んだ作品(12月第1週)<東京と神戸に核ミサイルが落ちたとき所沢と大阪はどうなる/新哲学対話>

東京と神戸に核ミサイルが落ちたとき所沢と大阪はどうなる(兵頭二十八/講談社+α新書) 新哲学対話(飯田隆/筑摩書房) 今週読んだ本の簡単なまとめ感想。 日本に対する核攻撃の標的と、その防護はどうなって …

年末年始に読んだ本(2019年~2020年)

    年末に読んだ本 あるいは年始に読むつもりの本 読んだ新書について オモシロ度:それぞれ 【はじめに】 今回の投稿はおそらく年明けになっているかとおもいます。とくにあいさつなどありませんが、私も …

アーカイブ