3行で探せる本当に怖い本

ホラーを中心に様々な作品を紹介します

★★★★☆ コラム

名刺代わりの小説10編(成城のコラムー69)

投稿日:

  • 「コラム069」
  • 主に、若いときに読んだ小説。
  • 名刺代わりの小説。
  • オススメ度:★★★★☆

【読書などの近況】

暑い日が続いておりまする。本格的な夏がやってきた、というよりも本州には本格的な梅雨が来なかったという印象です。まあ、暑さに気を付けて読書をしていきたいです。みなさんもお気をつけ下さい。

私は、暑くなると、読書と文章書きのペースが落ちてしまうので、長文の記事は書けなくなりますので、ご了承下さいー。

ちなみに、2018年の関東甲信の梅雨明けは6/29だったようです。2018年の6月下旬に、(うちの近所の)最高気温が33~34℃くらいになる日がありました。今年もそれに次ぐ6月の暑さです。なので(?)、梅干し作りを手伝いたいと思ってます。

【名刺代わりの小説10選】

さて、最近Twitter上のタグで、「名刺代わりの小説10選」というのがあって、ちょこちょこ見てます。なんだか面白そうなので私も書いてみたくなったので、ここに書きます。以下に挙げたもののうち、半分以上の小説は、十代で読んだものです。

「猫に時間の流れる」保坂和志
「猫」夏目漱石
「黒猫」エドガー・アラン・ポー
「芋虫」江戸川乱歩
「野性の呼び声」ジャック・ロンドン
「蓄犬談」太宰治
「山椒魚」井伏鱒二
「雪の練習生」多和田葉子
「兎」金井美恵子
「競馬」織田作之助

【簡単な解説】

図らずも動物関係の作品が多くなりました。というか、途中からそれをねらって書きました。「名刺代わりの小説」を選ぶのはなかなか難しいです。若い頃の私が選んだとしたら、この10作品になるのではないだろうかと思いながら書きました。

やはり(?)、小説にはよく猫が出てきます。ファンタジーはもちろん、文学にもホラーにも猫はつきものです。ポーの「黒猫」はホラーですもんねー。不思議な出来事には猫がつきもの。萩原朔太郎の「猫町」みたいな。

乱歩作品にはおもろい作品が色々ありますが、「芋虫」がある意味1番身につまされます。「山椒魚」も同様。織田作之助の「競馬」には実際のところ半分くらいしか共感できまへんけど、まあ、馬券買う人の心理(?)ってこんなものもあるよねーって感じです。織田作之助の「競馬」には、淀(京都)と小倉が出てきます。小倉競馬には行ったことないのでいつか行きたいです。

そんな小倉競馬場では、今週末にCBC賞が行われます。狙いは、内枠の馬と先行馬と軽ハンデ馬です。
余談ながら、先週、柴田未崎騎手が(2回目の)引退レースを終えました。私はその馬をもちろん買ってたので、直線は「みさきー」と叫んでました(結果は4着)。4着という結果にあれほどすっきりしたのは久々です。

【さいごに】

この企画は、また書きますので待っててくださいー。ほんで、この中から読書感想文の種本(?)にするなら、「猫に時間の流れる」か「野性の呼び声」か「雪の練習生」かなー。

猫好きの人は、「猫に時間の流れる」を読んでみてくださいー。もちろん読まなくともいいのです。無理に本を読む必要もないです。とはいえ、読んでくれたら作者は喜ぶかもしれません。

(成城比丘太郎)


-★★★★☆, コラム
-, , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

玉藻の前 岡本綺堂伝奇小説集(岡本綺堂 /原書房)

妖怪をテーマにした悲恋 古典調だが読みやすい 予想以上に二転三転する物語 おススメ度:★★★★☆ 玉藻の前といえば、妖怪ファンにはお馴染みの九尾の狐、そして那須の殺生石。文学全集にも名を連ねる岡本綺堂 …

スタンド・バイ・ミー―恐怖の四季 秋冬編(スティーブン・キング/新潮文庫) ~表題作レビュー

少年たちの冒険と挫折と矜持と 純粋な青春ものなのにホラーに思える キングの半自伝作でキング節炸裂 おススメ度:★★★★☆ 私ごとで申し訳ないが、先日、夜中の2時に猛烈な喉の痛みと渇きで目が覚めた。もと …

ずっとお城で暮らしてる(シャーリイ・ジャクスン〔著〕、市田泉〔訳〕/創元推理文庫)

殺人事件のあった屋敷に暮らしてます 周りの人の悪意をひしひしと感じます 閉ざされた世界で自足的に生きていきます おススメ度:★★★★☆ 父:娘よ、シャーリイ・ジャクスンの『丘の屋敷』はもう読んだかい? …

絡新婦の理 (京極夏彦/講談社文庫) ~あらすじと感想、軽いネタバレ(前編)

目潰し魔と絞殺魔の事件を軸に進むシリーズ第5弾 展開が面白く、シリーズ中でも屈指の作品 これまでの京極堂の敵としては一番の難敵 おススメ度:★★★★☆ 著者の作品は結構な数を紹介しているので、恐らく私 …

オリンピックは、どうして嫌われるのか? ~小コラム

オリンピックとわたし 多様性のない感動 競技以外の一切を観たくない おススメ度:★☆☆☆☆ オリンピックはいま庶民に嫌われている。少なくとも、開催に賛否が分かれている。今日、純粋にオリンピックを楽しみ …

アーカイブ