★★★★☆

白鳥の王子(野の白鳥) ~世界のメルヘン〈3〉(ハンス C.アンデルセン/講談社/挿絵は池田浩彰氏のもので)より ~あらすじと感想

投稿日:2017年5月2日 更新日:

  • 残酷且つ美しい童話
  • 継母によって追い出された王女の復活譚
  • エロティシズム溢れる挿絵。子供が「見て」いいのか?
  • おススメ度:★★★★☆

最近のアンデルセンの評価はどうなっているのか知らないが、せいぜい「裸の王様」「人魚姫」「雪の女王」ぐらいが頻繁に引き合いに出されるだけで、内容に見合った評価が為されているとは思えない。その中で、今回紹介するのは、物語としても最高に面白く、そして、小学生が読むには少々ショッキングな挿絵が入っている一冊である。

(あらすじ)王様が再婚。娘のエリサは継母に疎んじまれた上、醜い姿に変えられて追放される。11人もの兄の王子たちもこの悪女によって白鳥に変えられて放逐されていた。ただ、エリサは沐浴によって元の姿に戻り、王宮にも復帰するが、今度は執拗ないじめ。それでも、エリサには兄と自分を救う「秘策」があった……。

キーワードは沐浴で、直接乗せると色んなコードに引っかかりそうなので、Googleで「白鳥の王子 挿絵」で調べてもらえれば最初に出てくるはずだ。これを見た小学校の高学年が「目覚めて」しまうのも無理はない。記憶よりは美しくないが、それでも十分衝撃的だ。これが収蔵された童話集が家の本棚に並んでいて、一時期は毎日読んでいた。充分、変態資質を培ったというわけだ。

この後の展開も素晴らしく、いきなり復讐に出るのではなく、もう一回、物語的な「タメ」が入る。これが中々出来ないことだ。そして、ラストの美しさ。11人の美しい王子と美しい王女の対比。想像するだけで、素晴らしい光景ではないか。「裸の王様」ばかり引いてないで、ぜひこの話も広まってほしい。

最初の「悪意丸出し」具合は、シンデレラの継母か、ミンチン先生かというくらいの酷さ。この辺が説諭を飛び出して、サイコホラーっぽくなっているのでマジで怖い。今考えると、あの本にあった話は大体人間の「醜さ」を暴いていたような気がする。

一点注意がある。上記の挿絵が楽しめるのは、絶版になっているリンク先の本だけ(それも手元にないので確証がない)。物語そのものは、ネットであらすじも載っているし、青空文庫でも読めるが、ぜひ、あの挿絵で楽しんでもらいたい。

蛇足になるが、子供のころはアンデルセンの横にグリム童話もあって、その中の一番のお気に入りは「6人の男が世界をあるきまわる」だ。簡単に言うと、それぞれ超能力をもった男たちが成り上がる物語。ラノベでいうところの「能力モノ」の元祖のようで、非常に面白いお話だ。サイボーグ009のさらに原型のようでもある。また、機会があったら紹介したい。ちなみに検索すれば、どちらの話もタダで読めるはずだ。

(きうら)



-★★★★☆
-, ,

執筆者:

関連記事

日常(あらゐけいいち/角川コミックス・エース)

生粋のギャグ漫画 アニメも原作を丁寧に映像化 ギャグにかける心意気がいい おススメ度:★★★★☆ アイキャッチからも分かるように、非常にかわいい絵柄。その絵から想像されるような萌え要素は無いとは言わな …

敗れざる者たち(沢木耕太郎/文春文庫) ~あらましと感想、愚痴

古い時代の「負けた後」の男たちのドキュメント 胸に迫る世の無常と男の意地 人生に疲れていたら、たぶん、泣ける。 おススメ度:★★★★☆ タイトルは「敗れざる者たち」となっているが、実際には「勝てなかっ …

老人と海(ヘミングウェイ/新潮文庫) ~ややネタバレ

老人の孤独と葛藤と後悔 残酷で痛ましい それでも人間の生命力を感じる おススメ度:★★★★☆ 先ごろ、何かのネットニュースで「読まなくてもいいアメリカ文学」という恐ろしく下らない企画で腐されていたのが …

幽霊海賊(ウィリアム・ホープ・ホジスン、夏来健次〔訳〕/ナイトランド叢書)

ホジスンの海洋奇譚 謎の影につきまとわれる恐怖 徐々におとずれる怪異 おススメ度:★★★★☆ 【物語のあらすじ】 「わたし」ことジェソップが、自らの遭遇した怪異体験を語るという内容の物語です。サンフラ …

嗤う伊右衛門 (京極夏彦/角川文庫)

有名な四谷怪談を京極夏彦風にリブート 元ネタが有名なので意外性がある設定 怖いというより非常に美しい物語 おススメ度:★★★★☆ 有名な「四谷怪談」を京極夏彦が独自の解釈を加えて、再構築した作品。映画 …

アーカイブ