★★★☆☆

いぬやしき(1)+(2)(奥浩哉/イブニングコミックス)

投稿日:2020年9月7日 更新日:

  • GANTZを換骨奪胎したような作品
  • ちょっと寄生獣も入っている?
  • 精緻なメカデザインは好み
  • おすすめ度:★★★☆☆

宇宙人の「事故」で消滅した二人の人間が、アイデンティティはそのままに機械化されてスーパーマン(アイアンマン?)として再生するSFアクション。片方はうだつの上がらないサラリーマンで「善」の役割、後者は引きこもり気味の学生で「悪」の役割。機械化された彼らは、人は簡単に殺せるし、空も飛べる。ヒーリング能力もあるし、ATMを操作したりする能力も。要するに神になった二人の顛末が描かれる……はずである。

実は1巻及び2巻のみを読んだのだが、二人が超能力(機械化された体)を得て、片方が悪のために(関係のない家を襲って皆殺しにしたりする)描写と、死にかけの猫を救ったり、いじめられていた男性を救ったりする善のために力を使う描写を見せられただけで、これから先どうなっていくのは正直分からない。

導入部分、「異星人による死からの再生」そして「超能力を手に入れる」という導入はGANTSとまったく一緒の展開で、その主人公が変わっただけのような感じ。GANTSに出てきた異星人狩りというテーマはないが、その代わりに一般人を攻撃/救助するというったプロットとなっている。

ま、ポイントは癌で余命三か月を宣告された58歳に見えない老けた「犬屋敷」の感情の動きと行動にあると思う。彼はまさに正義のヒーローとして覚醒しつつある。今はステレオタイプな老人にしか見えないが。

ま、絵がうまいのはいいとして、雰囲気から展開までGANTS時代から特段進化が見られないのはどうしたものか。ある意味、開き直りのような展開で、新鮮さはあまりない。3巻からビッグな展開が待っているのかもしれないが、今のところ、別に読んでも読まなくても別にいいかな、という言う感じ。

頭を打ちぬいたり、子供まで殺したり、バイオレンス描写は結構多いので、一応閲覧注意。GANTSほど、殺しまくったりしないが、どうも作者にはこういう破壊願望があるような気がする。

これだけでは、なんとも言えないが、もし3巻を読んだら印象が変わるかもしれない。グダグダかもしれない。

GANTSファンには勧めやすいような、勧めにくいような不思議な作品である。

(きうら)


-★★★☆☆
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

暗い暗い森の中で(ルース・ウェア[著]・宇佐川晶子[訳]/ハヤカワ文庫) ~感想と軽いネタバレ

あるパーティーの夜に起こった事件。 一人の女性の視点から解かれていく謎。 人間関係(特に女性同士のもの)の怖さ。 おススメ度:★★★☆☆ ストーリーは、作家である「わたし」こと「ノーラ」のもとに、一通 …

赤死病(ジャック・ロンドン、辻井栄滋〔訳〕/白水uブックス)~読書メモ(61)

読書メモ(061) 突如世界を襲った伝染病 人類滅亡の危機を描いたフィクション オススメ度:★★★☆☆ 【どーでもいい近況報告】 この記事が投稿されているときには10月になっていると思います。いつもな …

ぼくは眠れない (椎名誠/新潮新書) ~紹介と感想

椎名誠が自身の不眠症について語る 不眠の原因や解決策についての雑記風 余り体系的な話ではないが興味深い おススメ度:★★★☆☆ 私はもう椎名誠の30年来の読者であるが、著者が不眠症であるという事実は、 …

昆虫を食べる!(水野壮[監修]/洋泉社新書y)/食べられる虫ハンドブック(内山昭一[監修]/自由国民社) ~食糧難と昆虫

歴史ある昆虫食の文化。 これからの食糧難に向けてひとつの解決策となるか。 簡単な「食べられる虫」の写真付きガイド。 おススメ度:★★★☆☆ 『未来の年表』の本の中でも危惧されていた「食糧難」を解決する …

君主論(マキャヴェッリ〔著〕森川辰文〔訳〕/光文社古典新訳文庫)

マキャヴェリズムの語源となった書物です。 当時のイタリア(ルネサンス)に、新しい君主像という処方箋を。 はっきり言うと、本書の訳文には読みにくい部分があります。 おススメ度:★★★☆☆ 「マキャヴェリ …

アーカイブ