★★★★★

仕事は楽しいかね?(デイル・ドーテン/きこ書房)

投稿日:2017年4月14日 更新日:

  • 本当に役立つ仕事の本。ただし……
  • 実行する勇気はあるかね?
  • 私は実行した。その結果は?
  • おススメ度:★★★★★

仕事は楽しいかね? 何という危険なフレーズなんだろう。今この満員電車に揺られている(通勤中に原稿を書いてる)ドンヨリ濁り目サラリーマン始め老若男女に聞いてみたい。仕事は楽しいかね? 生活は? 勉強は? 人生は楽しいかね?

恋でもすれば違うだろうが、生憎中年ヒラサラリーマンには幻の楼閣だ。じゃあどうすればいい? この圧迫感から自由に生きるにはどうしたらいいのか。実はそれが全て書いてある。そしてそれを実行できるような「気」がしてくる。しかも私はもうしてしまった。

全く同じ趣旨をより芸術的に著述した本が前に紹介した岡本太郎氏の「自分の中に毒を持て」だ。曰く、人生は築くのではない、どんどん手に入れたものを捨てていくのが正解だと。頷ける人が何人いるだろう。

あるいは「ショーシャンクの空に(Ama)」の有名な台詞を引用してもいい。何十年も刑務所で暮らし、老人になってから仮釈放されたレッドという黒人のことば「必死に生きるか、必死に死ぬか?」
これらが分かりにくければこの本を読めば腑に落ちる。要は人生は絶え間ない努力+変化し続けることが必要だと言うことだ。まあ読めばわかる。その成功例がいっぱい書いてある(もちろん小説として読んでも楽しい)

私がこの3ヶ月で実行したことは、7年半勤めた会社を辞め、小説を2本書き、このサイトを立ち上げ、パソコン診断士の資格を取り、20年間好きだったアーティストのライブに初めて行って、ボルタリングをし、道行く他人に話しかけた。昨日は初めて老人以外に席を譲ったし、15年振りに友達に連絡を取った。まだある。アロマも始めた。羊毛フエルトもプラモデルもつくった。詩集もKindleで出版した。職場のフィリピン人にブロークンな英語で冗談を言ってみた。変えられるだけ変え続けてる。

しかし、まだ成功の兆しは全くない。でも、不思議なことに毎日楽しい。往復3時間の通勤も見方を変えれば読書タイムだ。人は私をして変人だと笑う。むしろそれでいいのだ。ゲイツが会社を始めた時、億万長者になると誰が予想したのだろう。

そこはそれ、浮世は世知辛い。もちろん成功せずに死ぬこともよくあるだろう。でも、このまま続ければいいはずだ。苦しかったけどまあいいや、楽しかったから。きっとそう述懐するだろう。さぞや美しい絢爛豪華な走馬灯が回るに違いない。

あなたを「周りから見れば」破滅に導く本当に怖い本だ。ここに一人、犠牲者がいる。

(きうら)

※kindle unlimited対応。こんないい本を対応させるとは侮れない。


(楽天)


-★★★★★
-, ,

執筆者:

関連記事

茄子 スーツケースの渡り鳥(黒田硫黄:原作/高坂希太郎:監督) ~無限の住人との比較・感想

茄子 アンダルシアの夏の続編映画 原作の良さをさらに伸長 経済と芸術について深く考えさせられる おススメ度:★★★★✩ 前日の「映画 無限の住人」について、改めて思い返してみたが、やはり、三池監督(あ …

ウェンディゴ(アルジャーノン・ブラックウッド/ナイトランド叢書)

大自然の脅威や、不可視の霊威を感じ取れる怪異譚(かいいたん) 読みごたえのある3つの中編 クトゥルー(クトゥルフ)神話を知らなくても楽しめる おススメ度:★★★★★ イギリスの怪奇作家、ブラックウッド …

高熱隧道 (吉村昭/新潮文庫)~感想とあらまし、軽いネタバレ

黒部峡谷第三発電所建設工事の生々しい記録 トンネル技師の立場から描かれるトンネル掘削の難工事 蟹工船にも通じるある種のプロレタリア的ホラー おススメ度:★★★★★ 随分前に紹介した小林多喜二「蟹工船」 …

ドラゴンランス戦記 (1) (マーガレット・ワイス(著)、トレイシー・ヒックマン(著)、安田均(翻訳)/富士見文庫)

完成されたファンタジー娯楽大作 魅力的なキャラにスリリングな展開 あえて書けば、全てのラノベの原点的存在 おススメ度:★★★★★ こんな古い本(昭和62年初版)を引っ張り出して批評するサイトも今は少な …

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ と ゴジラ(後編)【完全ネタバレ】

中途半端な娯楽観は見抜かれる ゴジラと恐怖 それでも怪獣映画は嫌いになれない おススメ度: ★★★☆☆(ゴジラ キング・オブ・モンスターズ) ★★★★★(ゴジラ) 【承前】 「本」ではなく、2019年 …

アーカイブ