★★★☆☆ 読書メモ

「幻想文学――転覆の文学」『幻想と怪奇の英文学・3』(ローズマリー・ジャクスン、下楠昌哉[訳]/春風社)~読書メモ(33)

投稿日:2019年4月12日 更新日:

  • 読書メモ(033)
  • 「幻想文学」とはジャンルではなく、「様式(モード)」である
  • 「幻想文学」ファン必携の本
  • おススメ度:★★★☆☆

【はじめに】

幻想文学(幻想小説・ファンタジー)という用語をよく使うのですが、はっきり言うと、これが何を指すのかを細かく定義して使っていたのか分かっていませんでした。ジャンルとして「ファンタジー」とつけられている本は、そういうものとして「ファンタジー」と書いておけばいいのですが、それ以外の文学やホラー小説やなんやらのことを、「幻想文学」と書くときに、これがいったいどういうものを指すのかを、個人的にきっちりと、こういうものだと示していませんでした。というか、何をもってして、「幻想文学」というのかを分かっていなかったため、けっこう恣意的に用いていた感があります。で、名著とされる本書がようやく翻訳されたので、これからは(一応)本書を基に考えたいと思います。そういう意味でなにかと興味深い一冊でした。

【本書について】

『幻想文学(ファンタジー)――転覆の文学』は、1981年に出されたもので、著者がそれまでに出版された小説を基に、様々なテクストに共通する構造や形式を取り出して、それを「幻想文学」の様式(モード)として提示しています。実を言うと、私は本書を未だ全体の八割しか読んでいません(4/5現在)。おそらく、この記事が投稿される頃には全部読んでいます。なので、語りきれていないところもありましょうが、そこはそれ、この記事は個人的なメモなので、ご了承ください。おそらく、私がこれから「幻想文学」と書くときには、本書の内容を念頭に書くことなりそうだといっておきます。

まず、「様式(モード)」とは、「幻想文学」と提起される作品群には何かしらの共通する形式的な構造があるということです。それは、「リアリズムの前提を崩しにかかる」傾向を内包するものだと言えるのでしょう。そこでは、現実(リアリズム)の「転覆」であり非現実なものをもたらされます。しかし、「幻想文学」の様式(の発動)は「社会的文脈の内部」でなされ、「その文脈によって定められてもいる」のです。

見慣れた日常の世界から、そうではない世界を垣間見せることで、作品の語り手と読者を「不安定」にするものとして「幻想文学」を位置づけるのでしょう。そこから派生して、様々なジャンルへと「幻想文学」の様式が語られるわけです。とくに、「精神分析観点」で説明されるのが、なかなか読みごたえがあります。それから、「幻想文学とは、『現実』と『意味』を確立することに関わる諸問題を明らかにする」という指摘は、なかなか重要ではないかと思います。

本書を読むと、「幻想文学」という様式(モード)は、すぐれてラディカルな文学の方法論になりうることにもなるのでしょうか。たとえば、ゴシックの書き手に女性が多いわけとして、メアリー・シェリーからブロンテ姉妹(シャーロット、エミリー)からアンジェラ・カーターまで挙げながら、そのわけとして、「幻想文学を父権的な社会――現代文化の象徴的秩序――を転覆するために」それを利用したとあるのは、なかなか示唆的です。とはいえ、本書以降のゴシック風作品の書き手には、それだけではないものも感じますが。

その他、本書では、正統?ファンタジーからゴシックホラーからドストエフスキーにカフカにピンチョンといった文学までと、様々なジャンルをとりあげて、それらに「幻想文学」の現れをみていきます。それを読む限りでは、現在の小説には、「幻想文学」という様式(モード)は欠かせない作品もあるのでしょう。本書に載せられている作品リストだけでもなかなかの量で、私は半分も読んでいないので、これからの楽しみにします。それから、日本幻想文学の解説本に載せられているものも読んで、「幻想文学」の可能性をひそかに考えていきたい。というか、「幻想文学」とは、あまりにも広く解釈できそうな気もするので、ちょっと絞らないといい加減な読解にもなりそう。

あと、本書についての注意?です。けっこう理論的なものですので、本当に「幻想文学」が好きな人向けの本といえるのではないでしょうか。

(成城比丘太郎)


-★★★☆☆, 読書メモ
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

船出(上)・(下)(ヴァージニア・ウルフ/岩波文庫)

ヴァージニア・ウルフ作品の中では読みやすい。 若い娘が、人との交流の中で成長していく。 <死>が作品を包み込んでいる。 おススメ度:★★★☆☆ 暗い夜の闇の中を、南米へ向けてロンドンから出港する「一隻 …

レインツリーの国(有川浩/新潮文庫)

ある障害をもつ女性の、恋愛までの道。 関西弁(大阪弁)の男性が正直うざい。 内容を一般化して考えてみる。 おススメ度:★★★☆☆ 本書は、その内容を簡単に説明すると、ある障害をかかえた女性と健常者男性 …

最近読んだ本【2020年1月】~読書メモ(55)

去年末から今月にかけて読んだ本 ホラー、歴史、文学、エッセイ 怪奇ものはおもろいです オモシロ度:それぞれ 【怪奇幻想もの】 ・ルゴーネス『アラバスターの壺/女王の瞳』(大西亮〔訳〕、光文社古典新訳文 …

穴の町(ショーン・プレスコット、北田絵里子〔訳〕/早川書房)

「カフカ、カルヴィーノ、安部公房の系譜を継ぐ」物語? 消えゆく町のことを本にしようとする「ぼく」 町が消えることは町に関することがすべて消え去ること おススメ度:★★★☆☆ 【はじめに】 オーストラリ …

オブ・ザ・ベースボール(円城塔/文春文庫)

一年に一回人が落ちてくる。それをバットで打ち返す人の話 不条理小説とも単純な人生の比喩とも取れる シャープな文章。怖くはないが少しだけグロイ所も おススメ度:★★★☆☆ 文學界新人賞受賞作、ということ …

アーカイブ