★★★★★

武装島田倉庫(椎名誠/新潮社)~あらすじとそれに関する軽いネタバレ、感想

投稿日:2017年3月19日 更新日:

  • 崩壊後の世界で働く男のSF小説
  • 短編7つで一つの小説になっている
  • とにかくアツくて独特で魅力的。大好きです!
  • おススメ度:★★★★★(普通の人には★★★~★★★★くらい?)

個人的なことで恐縮だが、この本の紹介でちょうど100冊目の紹介になるので、今回はちょっと私のワガママで「一番好きな本」を紹介、というか絶賛したい。だから客観的ではない「ファンレターみないなもの」なので、冷静な批評はAmazonのレビューなどをご参考に。ちなみに「怖い」要素は少なめだ。

まず、私は椎名誠氏の大ファンである。だから今回だけ、以降「氏」ではなく「先生」と書く。著作の多い方だが(ちょっとググると844冊と出てきた!)その70%以上は読んでいる自信がある。代表作はもちろんすべて読んだ。もともと椎名先生は商業新聞の編集者からスタートし、エッセーでデビューされた。前にも書いたが、その後、エッセー、SF、私小説と3つのジャンルに傑作を多数残されている。そのSFの中で、もっとも優れている小説がこの一冊だ。

あらすじ-何かの戦争で「北政府」に負けて崩壊後した日本らしき世界。そこで、この小説の主人公たちは壊れたビルに住んだり、変な生き物に襲われたりするが、逞しく「仕事」をして生きている。7つの短編小説が合わさって一つの長編小説になっている構造で、それぞれが微妙に関連しているというのがミソだ。ある場面では、別の場面の主人公がわき役として出てくる。

一番の魅力は「男の生きざま」と「心意気」だ。現代日本と比べると、酷く不便で食べるにも困るような世界で、それを「悲観」も「楽観」もしない男たちが、淡々と「働く」のである。海は油まみれ、人口激減、「北政府」の支配下、怪しい集団や生き物が襲ってくる、そんな状態でただ、淡々と生きている人々の姿が描かれているのだが、そこに痺れるのだ。
そもそも最初の一遍は「倉庫の管理業務」に就職する男の話から始まるのである。ナンダナンダと思っていると、パターンを変えて色んな「仕事」が出てくる。「倉庫業務」は、椎名先生の実体験に基づくものであるが、リアル且つSFになっているのが不思議だ。

もう一つ、独特の、あるいは意味の分からない単語が多数登場するが、それが非常に面白い。「魚乱+魚歯」という造語で「カミツキウオ」と読むのをはじめ、「炸裂カンノン銃」「三足踊り豆」「眼鏡踊り子製菓の『ほじほじくん』」「旧式の九足歩行機『カニムカデ』」等々。詳しい説明のない場合も多いが、私など、その単語を聞くだけでワクワクする。この命名センスは唯一無二だ。ただし、必ず順番に読むこと。

特に5つ目のエピソード、「肋堰夜襲作戦(あばらだむやしゅうさくせん)」がおススメだ。この短編のラストには心が揺さぶられる。「フーゼル」という名前の人物がいるのだが、彼が実に魅力的だ。きっとここで、「あっ」と思う人も多いだろう。どれも素晴らしい短編だが、とにかく面白いエピソードだ。
上記のように造語が羅列されるので、読みにくいかも知れないが、その分、何度読んでも新しい発見がある。もう20回以上読み直したが、未だにそのディティールに感動することがある。それほど、魅力的な世界なのだ。

変な意味ではなく「男が男に惚れる」そんなアツイ一冊。SF嫌いの方もそうでない方も、未読の方は騙されたと思ってぜひ、ご一読を!

以上、100冊目の「絶賛」でした。この作品の直接の続編はないが、同じ世界を舞台にしたと思われる小説は「銀天公社の偽月」など、多数書かれているので、よければそちらもどうぞ。
椎名先生の今後を活躍を心よりご祈念いたします!

(きうら)

追記:表紙が新(下のAmazonの画像)と旧(下の楽天の画像)の二種類あるが、旧の方が好き。新版は漫画化された際の作者が描かれているが、旧版の方がイメージが固定しないのでいいと思うので、変な話だが、古本版の方がいいと思います。


(楽天)


-★★★★★
-, ,

執筆者:

関連記事

茄子 スーツケースの渡り鳥(黒田硫黄:原作/高坂希太郎:監督) ~無限の住人との比較・感想

茄子 アンダルシアの夏の続編映画 原作の良さをさらに伸長 経済と芸術について深く考えさせられる おススメ度:★★★★✩ 前日の「映画 無限の住人」について、改めて思い返してみたが、やはり、三池監督(あ …

伊達政宗 (1) 朝明けの巻 (山岡荘八/講談社)

高名な伊達政宗の誕生から最初の挫折まで 読みやすく、かつ、中身が深い 読み物として単純に面白い おススメ度:★★★★★ まず、言い訳がある。言い訳なので、回りくどいのが嫌な方はこの段落は飛ばして欲しい …

人の砂漠(沢木耕太郎/新潮文庫)

1977年に出版された「敗れた者」たちのノンフィクション 書かれた時代は古い、しかし、驚くほど現代の問題に直結している 読み物として単純に面白い。久しぶりにそう思った おススメ度:★★★★★ 私は沢木 …

海豹島(久生十蘭/ゴマブックスor青空文庫) ~あらすじメイン・一部ネタバレあり

絶海の孤島での、ミステリ的挿話。 読みやすい文章。 かなしげなラスト。 おススメ度:★★★★★ 舞台は、「樺太の東海岸、オホーツク海にうかぶ絶海の孤島」である「海豹島」。時は大正元年三月、「樺太庁農林 …

13階段(高野和明/講談社)

スリリングな展開と深いテーマ性 受刑者と元刑務官という新鮮なコンビ 予備知識なしで読むのが最適 おススメ度:★★★★★ 無実の罪で死刑が迫っている受刑者を救う為に、あることから殺人に及んでしまった青年 …

アーカイブ