★★★☆☆

ザ・スタンド(4)(スティーヴン・キング/文春文庫) ※レビューとおススメ度、軽いネタバレあり

投稿日:2017年3月6日 更新日:

  • 「善」の停滞と葛藤を描くシリーズ第4弾
  • 前半は退屈、後半に焦点がある
  • ナディーンに注目。表紙の美しい女性が彼女(だと思う)
  • おススメ度:★★★☆☆

第4巻は、<フリーゾーン>つまり「善」側の人々の葛藤、あるいは、停滞が描かれる。作中としては、もっとも地味な展開をする巻で少々忍耐力がいる。もし、この小説を読んでいない方がいれば、先に(1)(2)(3)の解説を読んでほしい。

疫病でほとんどの人間が死んだアメリカを舞台に、生き残った人々が善と悪に別れそれぞれの思惑と葛藤をじっくりと描く長編小説の第4巻。冒頭にも書いたように、今回は悪の側の勢力の描写はほとんどない。「善」とは何かをじっくりと考える一巻だ。表面的なグロテスク度はかなり低い。

あらゆじは、冒頭に「善」側のリーダーが姿を消すところから話を始まる、混乱、登場人物の激しい葛藤、そして予定通りのジョーカーの発動、最後に山場がある。
最後の山場を除けば、大きなアクションは少ないが、気に入った点を以下に書いてみる。

最初から危ない感じだったハロルド。彼については、おおよそ予想通り。ただ、途中の部分での描写に説得力がある。彼は哀れなキャラクターだ。知らない人には分からない例えで申し訳ないが、任天堂のRPG「マザー」に出てくるポーキーというキャラを連想させる。

そして、個人的に動向が気になっていたナディーン・クロス。彼女もある意味、必然的な行動をとるようになるのだが、非常に興味を惹かれる。ネタバレはしたくないが、表紙の彼女(たぶん)の絵を見れば、今回の彼女の気持ちが的確に描写されていると思う。

作者は「指輪物語(ロード・オブ・ザ・リング)」を意識していたと言っているが、その意味も分かるようにできている。全体の話の流れが同じだからだ。。次回は最後となるので、その辺も考えて見られればいいなと思っている。

全体的には、余り怖くないし、普通に読めば退屈なシーンもあるので、評価は少し下げた。しかし、ここまで読んだら、最後までぜひ読んでほしい。
ちなみに、賢く冷静な登場人物だが腕力が全くないベートマンというキャラクターがいるが、彼の愛犬が非常にかわいい、かつ、カッコいい。短いシーンだが気に入った。犬は人間の最良の友達の一つだと思う。

(きうら)


ザ・スタンド(4)(楽天)


-★★★☆☆
-, , ,

執筆者:

関連記事

魔法使いの弟子 (ジョルジュ・バタイユ[著]・酒井健[訳]/景文館書店) ~紹介と考察

バタイユの「恋愛論」についての感想。 失われた実存の総合性を回復させるものとは。 デュカスの同名交響詩に少し触れられている。ちなみにダンセイニの小説とは関係ない。 おススメ度:★★★☆☆ (編者注)本 …

感染領域(くろきすがや/宝島社)

珍しい植物バイオ系サスペンス 途中までは傑作! 不満は無いわけでは無い おススメ度:★★★☆☆ 1/3くらいまで読んだ時は★5でも良いかと思うほど、久しぶりに楽しい作品だった。定番だが、自分の知らない …

「幻想文学――転覆の文学」『幻想と怪奇の英文学・3』(ローズマリー・ジャクスン、下楠昌哉[訳]/春風社)~読書メモ(33)

読書メモ(033) 「幻想文学」とはジャンルではなく、「様式(モード)」である 「幻想文学」ファン必携の本 おススメ度:★★★☆☆ 【はじめに】 幻想文学(幻想小説・ファンタジー)という用語をよく使う …

連続殺人鬼カエル男 ※完全ネタバレ(中山七里/宝島社文庫)

読みやすいホラー風味のサスペンス・ミステリ どんでん返しは納得の範囲ギリギリ 少しキャラクターが軽いかも おススメ度:★★★☆☆ マンションの13階に住む女性が、顎を貫通するフックに全裸で吊るされる死 …

日本の幽霊(諏訪春雄/岩波新書)~読書メモ(26)

読書メモ(026) 日本文学にみる古代から近世までの「幽霊」観念 幽霊は死者というものの記憶装置 おススメ度:★★★☆☆ 本書は、日本において「幽霊」という観念がどのように生まれたのか、またそれがどの …

アーカイブ